「AGESTOCKに熱中していた男がアッドラストでインターンを始めてみたら」

プロフィール
明治大学 政治経済学部 2年
地元は大阪。中高一貫校に通い、野球部に所属。
最近ゴルフを始めるも、全くまっすぐ飛ばないドライバーとスリーパットが課題。


凄いヤツがいっぱいいるところなんだろうなぁと思ってた


1.株式会社アッドラストに入る前

ーまず、入る前どんなことをしていましたか?
アッドラストに入る前は、サークル活動を頑張りつつ、他のバイトをやっていました。神宮球場でチケットを確認したりあとは清掃のバイトをやっていました。隙を見てこっそりプロ野球の試合を観たりと楽しかったです(笑)

ー野球大好きなんですね(笑)では、アッドラストでインターンをしようと思ったキッカケはなんですか?
 AGESTOCKというイベントを企画する学生団体に所属していまして、そのイベントを企画するためのお金を企業様から頂くための交渉をする部署に所属しているのですが、そこで結果を出していた先輩がアッドラストに入っていたんです。どんな環境なんだろうと思って興味を持ったことがきっかけです。

ーアッドラストとAGESTOCKは繋がり強いですからね。ちなみにどういうイメージでしたか?
 どんな人たちが居て、どんな環境なんだろうずっと想像していて、おそらく凄いヤツがいっぱいいるところなんだろうなぁと思っていましたね。

ーそうなんですね。確かに活躍している先輩の職場となるとそうですよね(笑)

成果を求めて工夫して努力する習慣がついた



%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-21-09-58

2.株式会社アッドラストについて

ーでは、アッドラストを通して成長できたと思うことを教えて下さい。
 まず知識量は増えたと思います。こういう業界があって、こんなシステムで動いているとか。でも一番の収穫は、そういう知識を得るために勉強したりとか、それをどう活かしたらいいだろうと考えることとか、そういう成果を求めて工夫して努力する習慣がついたことだと思ってます。

ー大学2年生からその考えが持てるのって素晴らしいですね。では、業務としてはどんなことを行っていますか?
テレマーケティングを主に行っています。企業のサービスが実際に社会にはどう捉えられるのか、そのことを一件ずつ企業に電話しながら調査していきます。勿論その過程で、サービスそのものに興味を持って頂いて、具体的なお話を直接させて頂くアポイントを取るのも大事な役目です。また、最近新しく、より成果を出すために、その電話の結果を改善していくマーケティングオートメーションの概念を取り入れた分析も行っています。

ベクトルを自分ではなくて他人に向ける

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-21-10-13

3.現在

ー学生団体でも活動しているとのことでしたが、AGESTOCKでは何をしていますか?
AGESTOCKが企画するイベントはとても大きなものなので、どうしてもお金が必要になるのですが、そのお金を企業様から頂くための活動をしています。協賛金としてお金を頂く代わりに、企業様の学生へのプロモーションのお手伝いを行うのですが、どういうプロモーションがこの企業様には喜んで頂けるかどうかということを考えて提案することを行っています。

ーそうなんですね、AGESTOCKとの両立で良かったことや大変なことはありますか?
良かったことは、アッドラストで学べたことをAGESTOCKの仲間に共有して、それが団体にも良い方向に繋げられるかもしれないということです。実際様々な場面で活きていると思います。
大変なことは、AGESTOCKの活動でもっと活躍したい!と思ってアッドラストに入ったのに、いつの間にかアッドラストの活動が楽しくて仕方なくなってきてるところですね(笑)

 
ーいいことだと思います(笑)今、働く上で気をつけていることを教えて下さい。
社長に以前「自分に向けすぎているベクトルを他人に向けてみなさい」と言われのですが、そのことを意識しています。自分が結果を求めることも勿論なんですが、もっと会社全体のことを考えて、その中で自分がどう振る舞うのがベストなのか、そういうことを考えてやろうとしています。ただ、中々難しいですね…

ー性格もあると思いますが、それを実践できる人って中々いないですよね。今の話も含め、今後挑戦していきたいことはなんですか?
 今後は、テレマーケティングで成果を出したメンバーが入れる営業チームに入りたいです。そのためにも、相手がどう考えているのかなどの力をつけるために前述のことを意識して取り組んでいきたいと思います。

「好きなことをシゴトにする」のではなく、「シゴトを好きになる」



s__14254161

ー話は変わりますが、アッドラストの指針である「シゴトで遊ぶ」について考えていることを教えて下さい。
もともと、好きな仕事をやるより、やる仕事を好きになれたら理想と思っていました。
自分を含めてこの会社のメンバーを見ていると、本当にその理想の状態になっているなと思います。仕事そのものも勿論ですが、仕事でどうしたら上手くいくのか、その過程を楽しめている、仕事で遊べている、と思います。そこで結果を出せたらもっと楽しいと思うので、そこを目指したいです。

ーなるほど。「好きなことをシゴトにする」のではなく、「シゴトを好きになる」ですね。深いですね。では、最後になりますが、未来の仲間たち!新たなインターン生へメッセージをお願いします。
 仕事だけでなく、その他遊びも含めて、本当にブッとんだ体験ができます!バイトなんだけどサークルなんだけど仕事という不思議な環境ですね。本当に楽しいです。是非一緒に働きましょう!




最新の記事はこちら

今、最も読まれている記事