【第21回APO総選挙】東西大学生200人のマーケティング対決、東京の大学生が本気を出したらこうなった!!

第21回APO総選挙が行われました

こんにちは、APO総選挙広報部の狩股です!去る12月7日、株式会社アッドラストは渋谷のクラブハウス”WOMB”にて第21回APO総選挙を開催しました。前回は、初勝利を狙った大阪惜しくも力及ばず、東京が僅差で勝利しました。あの激戦から3ヶ月、今回こそはついに大阪が勝ったのか、それとも東京の連勝か、その行方は果たして、、、

APO総選挙とは? こちらをクリック

第21回APO総選挙の表彰項目

まずは、第21回APO総選挙の表彰項目や表彰内容が、前回までのAPO総選挙のものとかなり変わった部分がありますので、簡単に説明をしておきます。

第21回総選挙は、通常のマーケティング業務の表彰だけでなく、東西オフィスの売り上げ額を項目として加え、明確に売り上げの数字が評価される表彰となりました。また表彰項目だけでなく、第21総選挙の勝者の地で第22回卒業APO総選挙が開催されるという、APO総選挙の将来を変化させる取り組みも行われていました。4回生にとっては慣れ親しんだ地で卒業式を迎えられるかは死活問題と言っても過言ではなく、俄然緊張感が高まった2018年度第3四半期でした。

東京、大阪総勢200人を超える大学生が、プライドを持ってマーケティングする姿は、もはや大学生のレベルを軽く超越しているのではないかとつくづく思いますし、この経験を大学生に与えているアッドラストは凄い企業だなと感じるばかりです。

結果発表と表彰者一覧

前置きで長くなるのは嫌なので、まずは結果から発表させて頂きます!

第21回アッドラストAPO総選挙において、勝利したのは、、、、
東京!!!
そして、チーム優勝は、、、
東京Oチーム!!

なんとマーケティング対決の総合スコアにおいて、ここにきて東京がダブルスコアでの勝利!東京メンバーが本気を出すと、こんなにも高い数字が出せるのかという意味で驚きを隠せませんでした。大阪メンバーも奮闘した部分は垣間見えてはいたのですが、ふたを開けてみれば東京の圧勝で幕を閉じました。

そして、最も気になる、今回のMVP、VP、MIP、MVD受賞者はこちらの12名!
MVP 森晋之介 4連続受賞、初MVP
VP 三浦あかり 4連続受賞
VP 北村侑舞 3連続受賞 
VP 金子夏望 3度目受賞
VP 今宮涼 連続受賞
VP 菅原麻由果 連続受賞
VP 鈴木敦也 初受賞
VP 関沼良太 初受賞
VP 吉田凱都 初受賞
VP 田川美乃 初受賞
MIP 古関帆奈 初受賞
MVD 高木智也 2回目

12名中、9名が東京メンバー!東京チームが全体的に高い数字を残している中での、この受賞者たちは、過去のAPO総選挙の中でも、かなりレベルが高かったと思われます。3か月間、自分の数字と向き合うという、簡単な様で、かなり難しいことをやって遂げた、12名の方々、おめでとうございます。

ここで特に注目すべき点は、4回連続のVP選出とアッドラスト大阪勢初のMVPを受賞した森晋之介君が残した成果です。クローザーポイントという難しい階級で、3大会連続のお立ち台、そしてMVP。誰も文句がない結果だと思われます。大阪勢の躍進には、いつも森君の名前が挙がっていますね。1年間、本当にお疲れ様でした。APO総選挙広報部として、いつも森君には楽しませてもらっています、本当におめでとうございます!
チーム優勝という点では、3名のVP、MIPを輩出したチームOのリーダー、金子夏望さんと松島遼太郎君の存在も見逃せません。まさにチームを勝たせるリーダーといってもいいのではないのでしょうか。次回もリーダーとして頑張ってください!
また、東京メンバーをVPとして多く輩出した裏方には、HRD事業部という学生メンバーを教育する事業部(詳細はこちら)の活躍もあるとのことでした。普段は、メンバーの数字を管理したり、マーケティング数字の底上げをするという裏方をやっている事業部なのですが、今回は、勢いのあるメンバーをピックアップして、VPを獲得させるというマネジメントを行っていました。こちらの事業部の草壁修太郎さん、栗山夏穂子さんの活躍も忘れてはいけないです。2名の方々、今後も健闘を祈っています!

受賞者コメント

【ついに悲願叶ったMVP 晋之介
今までは、MVPをとってみんなを認めさせてやろう。やってやろう。という気持ちが大きかったですが、MVPを受賞した今だからこそ言えることは、MVPになったからみんなから認めてもらえるのではなく、みんなから認められたやつがMVPになることだと実感しました。それだけMVPという会社でオンリーワンの存在である重みを感じました。本当に社員の田中さんをはじめ、飯島さんにもすごく感謝していますし、1年間支えてくれた、メンバーの中川君や平松君にも心の底から感謝しています。また、いつも表彰台に立って思うのは、これから先、一緒に仕事をしていくと思っている、北村君が同じ表彰台に立っていたことにも感慨深いものがありますね。

MVPを受賞するまでに1年間4連続でVPを獲り続けたことは自分でもすごく大きいと思います。4連続って自分だけかな?って思っていたのですが、調べてみると三浦あかりもいたという事実。(笑)また、いつも怪物みたいな数字を残してくる、小竿まいな。前回は小竿さん、前々回は三浦さん、こんな二人とMVPを争って闘っていたと考えると、まぁ疲れますよね。(笑)アッドラスト東京の人材の豊富さには、まだ勝てないかなと思います。

ですが、VPを継続するという本当に難しいことを達成できた裏方には、東京メンバーではあるものの、現在は大阪で一緒に仕事をしているテレマ事業部長の八木の存在が大きかったです。あいつは本当の兄弟のような存在です。本当に感謝してます。
次回のAPOは個人的に金子夏望さんや、菅原麻由果さん等、東京の強いメンツがより数字を挙げてくると思われますが、大阪メンバーもより成長することを願っていると共に、僕がMVPを受賞したこと、連続受賞が、これからの大阪の新しいメンバーの希望になることを心より思ってます。

【エゴと引き換えに得たVP 田川美乃 (初受賞)】
今回のAPOへの3ヶ月はとにかく「VPをとる」ことを目標にがむしゃらにやり切った、、という感じです。元々、得意な案件と苦手な案件があったのですが、VPになるためには案件を選り好みしてはいけないと考えました。その上で、全ての案件において数字を意識し続けながら頑張りました。

また自分以外のメンバーに対する、マネジメントという面では、11月からSR4になった事もあり、「メンバーの数字向上の為の教育」という部分にも今まで以上に注力しました。自分自身の数字の向上、メンバーの育成、この2点を評価して頂いたのか、約1年半アッドラストで働いてきて、ずっと目標にし続けていたVPを貰えたことが本当に嬉しいです。また同時に、この3ヶ月間支えてくれた同期が多かったチームOが優勝できた事もかなり嬉しかったです。

HRDを始め、様々な方にお世話になって貰えたVPですが、次回以降も貪欲に狙っていきたいと思います!

【長い苦労の末掴んだVP 関沼良太 (初受賞)】
まず、このような賞をいただいて、支えてくれた社員さんや応援してくれたメンバーに感謝しています。今回は自分で絶対VPをとると決意し、自分を追い込んだ上でやっとの思いで取れたというのが正直な感想です。その中でHRDが親身になって数字分析だけでなく、メンタルについてもサポートして頂いたことがこの賞を受賞する上で大きかったと思います。また、自分と同い年の学年のメンバーが、すごい頑張っていて刺激を受けたので、それもモチベーションの一つ、VP賞への過程の一つであったと思います。

今回の結果でふんぞり返るのではなく、次回APOでも、満足のいく成績を残して、二回連続VPを目指していければと思います。これからも頑張ります。

【葛藤に葛藤を重ねて涙のVP 吉田凱都(初受賞)】
入社してから約1年半が経ち、 「卒業も近々しくなってきて、このタイミングで成績を残して早く次のステージに行きたい」 という思いでこの3ヶ月を過ごしました。 正直、自分の中では、周りにアピールすることなく確実な結果で静かにVPを獲るというのが、クールでかっこいいなと思っていたので、周りにメンバーを気にせず、黙々と納得する数字を出し続けようと孤独と闘ってました。笑

でも今思い返してみると、自分が受賞できたのは本当に周囲のメンバーのおかげで、 チームや同期のメンバーに支えてもらってたんだなと涙を流しながらこの文章を書いてます。今回の期間に関しましては、営業成績は大阪に、テレマーケティングの個人成績は東京に貢献するという複雑な立場でしたが、 東京在住の生粋の大阪人としてこれからは会社全体を見られる架け橋的な存在になりたいなと勝手に思ってます。

いずれにせよこのVPを通過点として、まだまだ圧倒的に成長できるように精進します!!

【次回】平成最後のAPO総選挙

アッドラスト東京の本気が見えた第21回APO総選挙。その余韻も束の間、次の総選挙に向けた戦いはすでに始まっています。このまま大阪勢が負け越して、連敗を刻んでいくのか、はたまた盛り返すのか、色々なドラマを生み出すことが期待される第22回APO総選挙は卒業式イベント涙あり、笑いありの卒業APO、4回生の方々にとっては、最後のAPO総選挙となります。また、今回は平成最後のAPO総選挙でもあり、盛り上がること間違いなしですので、アッドラストの皆さんは絶対参加しましょう。

まとめ

筆者自身は大阪に在住している身ですので、無意識にも大阪を応援しているのですが、なかなか勝たせてもらえませんね(笑)正直、大阪と東京にここまで差があるとは思いもしませんでした。第22回では、次こそ東京に勝つことができるように頑張って欲しいものです。そのためには、やはり人材の開発、より多くの戦力が必要になってきます、、、、、

というような悔しさや反省を本気で感じられるほどにガチンコの東西マーケティング対決を展開しているアッドラストでは、マーケティングに興味があるという大学生APO総選挙で脚光を浴びたいという大学生引き続き絶賛募集中!少しでもアッドラストに興味を持ってくださったらどしどしお問い合わせ下さい。APO総選挙広報部として、お待ちしております!

APO総選挙に興味のある学生はコチラ
APO総選挙への協賛に興味のある企業はコチラ
大阪オフィスの日常→Twitter

The following two tabs change content below.
狩股竜至
大阪教育大学在学中の20歳。APO総選挙広報事業部。 19歳の時、ヒッチハイクで日本を制覇するくらい旅行をすることが大好き。 APO総選挙に参加するメリットを表現出来るように頑張っていきますので、よろしくお願いします。