【嫌悪感を持つ時代は終わった!】意外と普通な大学生のセフレ事情

皆さんは「セフレ」と聞いてどのような印象を持ちますか?

悪いとは思ってないけどセフレがいるなんて大っぴらに言えない…なんて思っている方もいるのではないでしょうか。筆者の体験上、女性は気持ちが入らないと気持ちいいセックスが出来ないようです。男性に嘘でも優しくされると気持ちが入ってしまい、恋愛感情に発展しがちなようです。自分は好きなのに相手は体だけが目的だなんて悲しいですよね。その様なことにならないために、セフレを作る時は割り切るという気持ちをしっかりと持つことをオススメします。

といったように、筆者はセフレを作ることに賛成派です。
その偏った筆者の意見を、幾つかの事例とともにお伝えします。

筆者が考える、セフレを作る3つのメリット

引用元:https://www.pakutaso.com/

①性の自分磨きが出来る!

セフレとなら恋人とは出来ないアブノーマルなセックスが出来る為、テクニックを磨く良い機会ではないでしょうか。体の相性が良いとお互いに恋人が出来ても、楽しくて快楽なセックスをしたい時に連絡を取ることは可能です。自分の欲求を満たすことを考えた場合、セフレを1人作っておくと便利です。

②あっさりとした関係

セフレと別れる時は、恋人と別れた後のような寂しさや虚しさといった気持ちなくスッキリと別れることが出来る為、後腐れがありません。
学生時代にセフレを作っておくと、社会人になってもセフレを作ることに対して抵抗がないので作りやすく、異性に対しても積極的に接することが出来るようになります。筆者がそうでした。

③女性が魅力的に!?

セフレがいる女性は恋人がいない女性よりもセックスをすることが多いため、色気が自然に出て男性からも魅力的に見られやすいという持論があります。

大学生のセフレ事情

引用元:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE160224310I9A0467_TP_V1.jpg

大学生にしか出来ない!!

大学生はサークルや合コン、アルバイト先といった出会いの場が多く、セフレを作りやすいでしょう。
大体の人は初体験を高校時代に済ませたという人が多いので、体力と行動力がある大学時代はセフレを作り華を咲かせるには持ってこいの時期です。

それを証明するように、大学生は男女問わずセフレ目的で出会いを求めている人がいることは事実です。
そういう人達が集まるサークル「ヤリサー」が実際に存在するくらいです。その他にもヤリ目的のサークルはたくさん存在し、特に男子学生は大学時代にセフレの数を増やすことに精を出す人もいます。

大学生になると一人暮らしの割合が高くなり、どちらかの家で簡単にセックスをすることが出来るため、セックスをする場所に悩みません。つまりヤりたい放題ということです。

男子学生よ、責任を持て!

今は付き合うより面倒くさくないセフレを作る女子大生もいる一方、飲み会やサークル内でお酒を飲まされて了承なく簡単にヤられてしまう女子が多いことも事実です。

子供ができても良いという了承が互いにあれば責任を取り合えますが、セックスのみが目的の場合、女性には妊娠や性病にかかり長期的に傷つく可能性があります。女性には、男性が分からないような精神的や身体的な負担が降りかかることを知っておきましょう。

社会人におけるセフレ事情

引用元:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/00_PP62_PP_TP_V.jpg

最近の世代の社会人における「セフレ事情」は多様化しているようです。
恋人を作らずセフレまでの関係だけを求めて何年も社会人生活を送る人もいれば、恋人がいても二股をしたりセフレもいるという人も筆者の周辺にはいます。

仕事が忙しいと直接会ったり電話をしたりという恋人らしい時間を確保することが面倒臭くなり、都合のいい時にお互い”癒し癒される関係”が楽だという人が多いのかもしれません。
また今までは相手が同世代が多かったのに対し、社会人になると上司や先輩との関わりが多くなり不倫に走ってしまう場合もあります。

学生時代にセックスの楽しさを覚え、社会人になると自分からセフレを作りにいくほど異性に対して積極的になっていました。セフレが1人できてしまうと、恋人の様に毎日連絡取る必要はなく自分が癒して欲しい時に連絡を取れば良いだけなので気が楽です。そのため、恋人がいない時期は一度に5人のセフレがいました。
社会人になると相手もセフレだということを了承の上お付き合いができるので、他にセフレがいても嫉妬などすることもなく5人と楽な関係を築いていました。

まとめ

以上が筆者の偏った意見ですが、大学生時代に一度はセフレを作っておくべきだと思います。
冒頭にもお話ししたように、特に女性はセックスをしてしまうと気持ちが入ってしまいがちなので割り切る覚悟を強く持たないと傷ついてしまうかもしれません。しかし割り切るという覚悟を持つことが出来れば、セフレがいる学生生活はとても楽しいものになると筆者は思います。

ABOUTこの記事をかいた人

きもとまん

新潟県の佐渡ヶ島出身。都内の大学に通う3年生。趣味はアニメと散歩。そんな私は「島から来た田舎者」をコンセプトに、平和な日常を送る東京で、異端者な自分が日常に溶け込んだらどんな化学反応が起こるのか楽しみに毎日を過ごしています。 日常で感じたことや皆様に伝えたいことを記事にして行くのでよろしくお願いします。