就活生必見!デキると思わせるエレベーターマナー

オフィスのエレベーターの立ち位置には、上座や下座があることをご存知でしょうか?実はオフィスのエレベーターには、知っておくべき様々なビジネスマナーがあるのです!今回の記事では、学生や就活生のうちから身につけておきたい「デキる」社会人のエレベーターマナーについてお伝えしていきます!

エレベーターを待つときのマナー


エレベーターを待つときは、エレベーターのドアの脇に立つようにしましょう。ドアの前に立つと、エレベーターから降りる人の邪魔になることがあります。これはオフィスに限らずエレベーター全般のマナーでもあります。

エレベーターに乗るときのマナー



1
あなたがエレベーターの案内役として、来客者や上司と一緒に、オフィスのエレベーターに乗るシーンを考えてみましょう。エレベーターに乗るときのマナーは、状況によって異なります。

到着したエレベーターに誰も乗っておらず、来客者や上司が少数の場合

エレベーターに誰も乗っておらず、来客者や上司の数が少ない場合は、ドアを手で押さえて、来客者、上司に先に乗ってもらいます。
このとき、「お先にどうぞ」と一声かけるようにしましょう。

その後、あなたが乗り込み、操作盤の前に立ち、階数ボタンを押すなど操作します。(エレベーターに乗り込んだ後は、壁側に背を向けて、来客者や上司に背を向けないようにします)

到着したエレベーターに誰も乗っておらず、来客者や上司が多数の場合

エレベーターに誰も乗っておらず、来客者や上司の数が多い場合は、「お先に失礼します」と声をかけたうえで、あなたが先に乗り込みます。そして操作盤の前に立ち、「開」のボタンを押しつつ、来客者、上司に乗ってもらいます。(もう片方の手でドアも押さえるとより好印象です)

来客者や上司が乗り込んだら、階数ボタンを押すなどの操作を行います。(来客者や上司が乗り込んだ後は、やはり来客者や上司に背を向けないようにします)

到着したエレベーターに人が乗っている場合

エレベーターに人が乗っている場合は、まず降りる人が最優先です。降りる人がいなくなったら、来客者、上司に乗ってもらい、最後にあなたが乗り込みます。

操作盤の前に人がいないときは、操作盤の前に立ち、操作を行いましょう。操作盤の前にすでに誰かいるときは、その付近の位置などに状況に合わせながら立ちましょう。

※ちなみにオフィス以外では、高齢者の方、身体の不自由な方、ベビーカーの方、子連れの方などを優先するのが一般的なエレベーターマナーです。

エレベーター内でのマナー



2
操作盤の前に立っているときは、乗って来られた方に「何階ですか?」などと声を掛けて、ボタンを押すようにしましょう。

また、必要のないお喋りは控えるようにしましょう。狭い室内、嫌でも会話が聞こえしまいます。周囲に不快感を与えかねませんし、エレベーターは社外の人も多く利用する場なので、会話内容によっては情報漏洩に繋がる可能性もあります。

エレベーターを降りるときのマナー



3
オフィスのエレベーターを降りるときは、来客者、上司、あなたの順番です。操作盤の前に立っている場合は「開」のボタンを押して、来客者や上司に「どうぞ」と声を掛けましょう。

また、他の人が操作盤の前に立っていて、「開」のボタンを押してもらった場合には、「ありがとうございます」とお礼を言うことを忘れないでおきましょう。

エレベーターの上座と下座(立ち位置のマナー)


エレベーターにも上座と下座があります。ここでまず、上座と下座について簡単に説明します。

上座(かみざ):目上の人や、客人が座る席。
下座(しもざ):目下の人や、もてなす側の人が座る席。

上座とは来客者や上司の位置ということです。それでは、エレベーターの上座と下座について見ていきましょう。

下座は操作盤のある位置

エレベーターの下座は、操作盤のある位置です。

エレベーターに入って(入ったドアを背にして)
・左に操作盤がある場合、その位置が下座
・右に操作盤がある場合、その位置が下座
・左右両方に操作盤がある場合、右の操作盤の位置が下座
となります。

「エレベーターに乗るときのマナー」で、来客者や上司とエレベーター内に乗ったあとは操作盤の前に立つようにお伝えしましたが、これは「下座に立つ」ということにもなります。

上座はエレベーターの奥

エレベーターの上座は、エレベーターの奥の位置です。

エレベーターに入って(入ったドアを背にして)、左奥が一番の上座(最も立場が上)、右奥が二番の上座です。三番目の上座は、操作盤が無いほうの手前です。(左右両方に操作盤がある場合、三番目の上座は左の手前です。右の操作盤の位置が下座になるためです)

※左に操作盤がある場合の上座・下座
1
※右に操作盤がある場合の上座・下座
2
※左右両方に操作盤がある場合の上座・下座
3

いかがでしたか?


「たかがエレベーターなのに、大変だなあ」と思うかもしれません。しかし、されどエレベーター。こういうビジネスマナーが身についているかどうかも、社会人としての一つの評価基準です。学生や就活生のうちからしっかりとエレベーターマナーを身につけておくと、将来きっと役に立つはずです。今のうちに少しずつでも構わないので覚えていきましょう。