【一人暮らし大学生へ】家のモノが多い人がするべきこと5選 ~今日で君もグッバイゴミ屋敷!~

いつの間にかゴミの山?あなたの家は散らかっていませんか?

始めはキレイだったこの部屋も、気づけばゴミ屋敷…それは家の中にモノが多いから。片づけたいと思っているのに方法がわからない、キレイを保てる部屋にしたい、そんな悩める大学生に向けて今すぐ実践できる術を伝授します。

部屋がゴミ屋敷だと衛生的にも良くありませんし、彼氏や彼女を呼ぶにも恥ずかしいですよね。しかしちょっとしたコツで、部屋は簡単にキレイを保てるようになります。
“ゴミ屋敷”で一人暮らしをしている人はもちろん、この春から初めて一人暮らしを始める新入学生も必見です。

なぜ部屋はすぐゴミ屋敷になってしまうのか?

大学生は大学の講義にサークルにアルバイト、夜は仲間と飲み会など、とにかく忙しいですよね。部屋に帰ってきても寝るだけなんて人も多いのではないでしょうか。

片づける時間がなかなか取れないと部屋はすぐにゴミ屋敷化してしまうのです。高校生までは実家暮らしの人も多いので、代わりに片づけてくれる人がいたかもしれません。一人暮らしでは全てが自己責任。自分でどうにかしなければなりません。

ゴミ屋敷を防ぐコツは“ゴミを始めからためない仕組みづくり”

家にモノが多い、部屋がすぐゴミ屋敷化してしまう、そんな人に共通することはゴミをためこんでしまうサイクルになっていることが挙げられます。少しの工夫で始めからゴミをためにくくする仕組みを整えてあげれば、どんなに忙しくてもキレイをキープできます。

今すぐできる!片づけ方法5選

【1】服の片づけ

片づける時に山積みにしてしまいがちな衣服。重ねておくと目に留まらず着ないようになってしまいます。後から「あれ?こんな服持っていたっけ?」なんてことも経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

山積みになる前に整理することが重要です。クローゼットがあればいいですが、一人暮らしの方だと特に無い場合もありますよね。タンスなどの収納ケースに畳んでしまえばキレイに収納できますが、そのひと手間さえサボりがちになっていませんか。

手間を省くためにつっぱり棒でつるして収納しましょう。洗濯した後干したハンガーでそのまま吊るしてしまえば楽ちんです。

また服も必要最低限揃えるようにしましょう。似たような服を何着も購入しないためには、大学へ着て行く服を予め何パターンか決めておくと良いです。

【2】書類の片づけ

大学生は講義の資料やレポートなど、書類が多いものです。また一人暮らしであれば家の契約書類などの重要書類も、一人で管理しなければなりません。

このような書類は後から整理するのではなく、すぐさま整理する癖をつけましょう。時間がない時は一時置き場を作っておくと、片づけ忘れを防止できます。一時置き場は片づけ忘れを防止するために、

  • 必ずよく目につく所に置くこと
  • 定期的に整理すること

この2点が重要です。

【3】台所の片づけ

一人暮らしを始めて、自炊に挑戦して頑張ってる人も多いのではないでしょうか。ここで注意しておきたいことは、大容量の調味料を買わないことです。安いからと言って大容量のものを買っても余らせやすいですし、限られたキッチンのエリアも狭くしてしまいます。

このような癖がモノをためこむゴミ屋敷へとつながるのです。家にモノが多い人は、コスパを考えずにまずはなるべく小さいもので間に合わせるという考え方にシフトしましょう。

【4】友人とよく自宅で飲み会をやる人へ

サークルやアルバイトの仲間とよく自宅で飲み会を開く人は、コップやお皿などの食器類が増えてしまいがちです。ですがこれも家にモノが多くなる原因の1つ。

少しもったいないかもしれませんが、紙コップや紙皿、割りばしなどを使うようにしましょう。食器は必要最低限だけ集めるようにするとモノを増やさなくてすみます。

【5】いつかは出て行くことも考えて

現在住んでいる部屋に今後もずっと住み続けるでしょうか。就職先が近くなら大学卒業後も住み続ける人がいるかもしれませんが、多くの人は卒業後今借りている部屋を出ていきます。一人暮らしでは家具や収納ケースなどをこだわって集めたいかもしれませんが、就職後のことも考えて必要最低限にすることが大事です。

 

最後に

どんどんゴミ屋敷になっていく部屋を横目に、実際に片づけられていない方に向けて、今すぐ実践できる片づけ方法をご紹介しました。今回紹介したことのなかから、該当すること、始められそうなこといくつかでも良いので、ぜひ今日から実践してみてください。
今日からゴミ屋敷とグッバイ!是非快適空間になった部屋で過ごして下さいね。