成人式の準備って何をどうするの?経験者が語る、成人式を迎える前に知っておきたい4つのこと!

人生に一度の成人式。

成人式は一生に一度だけ。懐かしい友人、昔の恋人、恩師と久しぶりに会う機会でもあります。お世話になった方々へ最高に輝いた姿をみせたいですよね。そんな成人式を良い思い出にするためには下準備が大切です。

しかし全員が成人式を迎えるのは初めてです。そのため、初めての経験で下準備って何をしたらいいの?いつからしたらいいの?そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。そのような新成人の方へ向けて、成人式の前に知っておくと良い4つのことをお伝えします。

1.振袖や小物の予約をしよう!

振袖や小物をレンタルする予定の方は、成人式を迎える約半月前には予約を完了させると良いでしょう。早めに予約をした方が当日の着付け時間を調整出来るからです。予約は、成人式がある年の4~6月頃から配られる振袖レンタルのチラシやクチコミから選択して決めます。

振袖や小物の品揃えや料金はお店によって異なるため、何店舗か実際に足を運び試着をすることをオススメします。何人かの友人とお店へ行くとトータル金額の割引や友達に紹介すると割引等を行っているお店も多いため、友人と一緒に行くことをオススメします。

生地の質やデザインによって大きく異なりますが、振袖から小物類をレンタルすると4万円~10万円程かかります。自分が目安とする料金やデザイン、色等を提示してその範囲内でレンタル出来る振袖をお店の人にチョイスしてもらうと選び易いです。そのためお店に足を運ぶ前にインターネットやチラシなどを見て、ある程度理想の振袖や小物を探しておくと決めやすいでしょう。

2.当日の髪形や化粧、ネイルを決めよう!

多くの振袖レンタル店は成人式当日にメイクをしてくれる美容院と提携しています。そのため、予約も当日もスムーズにするために振袖をレンタルした際に美容院の予約を行うことをオススメします。女性は前々からこだわりを持っている方がおおいため、成人式の数日前までに美容院に足を運び希望の髪形やメイクを相談しておくと、成人式当日はスムーズに自分好みに出来上がります。

振袖をレンタルせず持参する方は、着付けが出来るセットを持参してお店や美容室に行きます。振袖を選ぶ手間がないので、一度美容室へ直接足を運び髪形やメイクの相談をするだけで済みます。相談をする中で自分のこだわりを作り上げることが出来、生花をかんざしにするなど自分の想定外の提案もしてもらえます。また、実際にシュミュレーションをしてくれる場合があるので楽しいです。

爪についてはネイルをするかネイルチップを作るかはお好みです。アルバイトなどで成人式直前までネイルが出来ない方は、前もって振袖やメイクに合うネイルチップを作成してもらいましょう。

3.同窓会ってどんな服装?

同窓会の服装については学校によって異なるかと思います。パーティードレス、カジュアルなファッション等のドレスコードは同窓会の幹事や同じ学校の友人や先輩に相談すると良いでしょう。パーティードレスはレンタルもありますし、購入することも出来ます。また、先輩などに借りるもの1つの手です。筆者は成人式と同日に同窓会を行ったため、成人式の髪形のままパーティードレスに着替えている子が多くいました。

4.最も気になる!?前撮りについて

前撮りは多くの女性が気になる点かもしれません。前撮りの時期は人それぞれで「痩せてから撮りたい!」「冬は太るから嫌だ!」等思いは人それぞれです。一生残るものなので、1番満足出来る時期を決めその時期に最高の姿で写れるように調整すると良いでしょう。また友人と撮影してくれる場合もあるので、同じお店で写真撮影をする友人と調整するのも1つの手です。

フリーのカメラマンさんにお願いをすると、前撮りではなく当日撮りが可能なうえにカメラマンさんが一緒に来てくれて多くの友人と一緒に撮影をしてくれる場合もあります。この場合は前撮りの必要がないため、準備の手間を省くことが可能です。

最後に

成人式は写真として一生形に残るため、成人式までに外見を磨く努力をしましょう。時が経ち写真を見返した時に恥ずかしくない姿で写れるように努力したいですよね。

余談になりますが、成人式や同窓会が出会いの場と言われるのも確かです。実際にこの場をきっかけに昔の恋人と再会し復縁する人や昔好きだった人と付き合う人もいれば、お酒に酔った勢いで大人の関係をもつ人もいましたね。

そんな最初で最後の成人式に向けて準備をして、最高の思い出に残る成人式になることを願っています。




最新の記事はこちら