カラオケの宴会部長に!周りとは一味違う選曲で盛り上げたい!

1990年代は、名曲の宝庫!?

大学生の皆さんはカラオケでどのような歌を歌いますか?
カラオケに行く人数によっても変わってきますが、最近の流行りの曲、飲み歌、盛り上がる歌、など様々かと思います。

筆者の周りの友人は、バンドの曲や最近の女性シンガーの歌を歌っている印象が強いです。

大人数での場合は盛り上がるので良いですが、少人数で行ったり今後社会人になった時のことも考えると、歌える曲の幅を増やしておいて損はないのではないでしょうか。

そこで今回は1990年代の名曲にスポットを当てて、カラオケで盛り上がる曲をご紹介します!(洋楽は除く)

1990年代の名曲7選!

以下で紹介する曲は実際の売り上げランキングをベースにしていますので、
「少し昔の曲だから…」と不安になることなく、盛り上がりが期待できるはずです!

では、筆者の独断と偏見で1990年ヒットソング1~50位の中から厳選した7つの名曲を発表します!!

「浪漫飛行/ジェットストリーム浪漫飛行」 米米CLUB

61.9万枚を誇る、売り上げランキング第2位です。
こちらの曲は、JALのCMで使われていました。

「今すぐKiss Me」 LINDBERG

61.0万枚を売り上げた、ランキング第3位の名曲です。
こちらの曲はテレビドラマ「世界で一番君が好き!」で使われており、オリコンチャートで1位にもなりました。

「クリスマス・イブ」 山下達郎

44.9万枚の売り上げで第12位のこちらの曲は、1983年に発売された曲として今も売れ続けている曲として「日本のシングルチャートに連続でチャートインした最多年数の曲」としてギネスブックに認定されています。

「壊れかけのRadio」 徳永英明

第21位で33.3万枚を誇るこの曲を歌う徳永英明さんと言えば、デビュー曲「レイニーブルー」というイメージが強い方もいるのではないでしょうか。

「壊れかけのRadio」は、数あるバラードの中でも聞き応えのある1曲となっているので、デビュー曲と合わせて聴きたいそんな曲です。

「Diamonds」 プリンセス・プリンセス

ランキング第35位で、26.9万枚を売り上げた「Diamonds」。
プリンセス・プリンセス通称「プリプリ」は、ガールズバンドの草分け的な存在として今もなお人気です。プリプリに憧れてアーティストになったという人たちがいる程で、その影響力は計り知れません。

「学園天国」 小泉今日子

ランキング第42位で25.7万枚を売り上げたこの曲は、その昔フィンガー5(ファイブ)という5人グループのアーティストが歌った曲です。フィンガー5は、メンバー5人全員が兄弟という斬新なアーティストだったので、皆さんも知っているのではないでしょうか。

「あー夏休み」 TUBE

23.6万枚を売り上げたランキング第45位のこの曲。特に夏は盛り上がるのではないでしょうか。

実はライブバージョンとCDバージョンで歌い方が違うんです。ただ盛り上がる歌というだけではなく、この様な楽しみ方もあるんですよ!

筆者が注目した、オススメの名曲!

上記の名曲の中でも、筆者が特にオススメしたい曲が、

「クリスマス・イブ」 山下達郎

です。こちらの歌について少し解説をすると、
今ではシングルになっているこの曲は、元々シングルではなくアルバム「MELODIES」のSide-Bトラック5に収録されていた曲なんです。
つまりこの曲は、シングルのために作られた曲ではなくアルバムに収録するために作られた曲です。

途中まで作られていた曲の続きを書き足して出来上がった曲で、当初はまだ作りかけで「雨は夜更け過ぎに」というタイトルでした。そして作りかけの歌詞に新しく詞を付け加えて出来上がった曲が、この「クリスマスイブ」なんです。

歌が素敵なので、冬にしっとり歌って女性の心をゲット出来るかもしれませんよ!

最後に

以上1990年代のヒットソング1~50位の中から、7つの名曲を厳選してご紹介してきました。

一見「カラオケで歌うには少し古い曲」と思われがちな1990年代の曲ですが、意外と有名で盛り上がる曲もたくさんあるのです!!
今までとは少し違った曲を取り入れ歌う曲の幅を広げて、さらにカラオケを楽しんで頂けたら幸いです。




最新の記事はこちら