泥酔した大学生と幼稚園児 どっちが賢い?

泥酔した大学生VS幼稚園児

「昨日めっちゃ飲んだわ〜」、「マジであの時の記憶ないんだけど」
大学生がこんな会話をしている場面をよく見かけます。大学生になるとお酒が飲めるようになり、サークル仲間やバイト仲間とよくお酒を飲みに行くと思います。中には毎日飲み歩いているという人もいるのではないでしょうか。

そしてお酒を飲んでいると気分が良くなって、ついつい羽目を外してしまうこともありますよね。しかしお酒の飲み過ぎは禁物です。自分の持ち物をなくすこともありますし、飲んだ日の次の日に二日酔いで動けず1日を無駄にするなんてこともあります。そして何より周りの人に迷惑がかかってしまいます。

今回は泥酔した大学生(筆者のサークル仲間)と幼稚園児(筆者の甥、年長さん)のどちらが賢いか検証してみることにしました。

①普段の生活で求められる能力

まずは普段の生活で求められる、人として生活する上で当たり前に出来なければいけない能力から見ていきましょう。

・トイレで用を足せるか

筆者の友人の幼稚園の先生曰く、幼稚園児ともなればオムツをしている子もかなり少なく、自分でトイレで用を足せる子が多いと言います。

しかし泥酔した大学生は自分でトイレに行けないどころか、不適切な場所で用を足してしまうこともあります。お酒を飲むと理性を失ってしまい、自分が生理的に一番求めている欲求を満たしたがります。それゆえ残念ながら泥酔した大学生がトイレでまともに用を足せる事が出来るとは言えなそうです。

・服をちゃんと着ることが出来るか

幼稚園児ともなると服の着替えは自分で出来ます。筆者の甥はボタンを留めることも自分で出来るので、あらゆるパターンの普段着を自分で着る事が出来る上に、最近は服を畳むことも覚えているようです。

反面、泥酔した大学生は服を着る事が出来ますが、その後に服を脱ぎがちです。お酒を飲みすぎたことによって”謎の開放感”を得て、特に男性は上半身裸になって騒ぐ事が多いです。その場合、「ちゃんと服を着たほうがいいよ」というまともなアドバイスをしても聞き入れてもらえない事が多いです。それどころかまともなアドバイスをしているのにもかかわらず、逆ギレをされてしまうケースもあります。

・寝床で寝る事が出来るか

赤ちゃんがご飯を食べながら寝てしまう動画がSNSで話題になったこともありましたね。人間は皆、幼い頃は眠くなるとどこでも寝てしまうものです。しかし幼稚園児にもなると、自分のベットや布団で寝る事が出来ます。たまにソファーで寝たりすることもありますが、眠くなったら場所を問わすどこでも寝てしまうということはなさそうです。

それに対して泥酔した大学生は場所がどこであっても寝ます。駅のホームや居酒屋の入り口等の、「そこで寝ると人に迷惑がかかってしまう場所」でも平気で寝てしまうので、友人から力ずくで引っ張られて、移動するというシーンが見られることもあります。

②コミュニケーション能力

就職活動でとても大事だと言われている「コミュニケーション能力」。大学生ならば普段から「コミュニケーション能力」を鍛えていますよね。そして面接において「私は誰とでも円滑にコミュニケーションをとることが出来ます。」なんて説明する人もいるはずです。そんな「コミュニケーション能力」では、たとえ泥酔していても、大学生が幼稚園児に負けていいはずがありません。

しかし残念ながら、コミュニケーション能力においても泥酔した大学生は幼稚園児に遠く及びません。というのも、まず泥酔した大学生はコミュニケーションに必要な”挨拶”が出来ません。私の甥は普段から「こんにちは」と言われたら、しっかりと「こんにちは」と返ってきます。しかし泥酔した大学生に「こんにちは」と話しかけても、大抵「ヴ〜」と唸るような声が返ってくるか、「分かった」等の理解に苦しむ返答が戻ってきます。

また泥酔した大学生は、話している相手が誰なのか、識別が出来ません。筆者は泥酔した友人を介抱している時に、「お母さんありがとう」と言われたことがあります。「話す相手に合った話し方をする。相手の名前を間違えない。」という基本的なことが出来ないのです。

③学力

幼稚園児に比べ、12年以上勉強している大学生。
幼稚園児に比べ数え切れないほどの宿題をこなし、数え切れないほどのテストを乗り越えてきた大学生。学力こそ、幼稚園児に負けていいはずがありません。

幼稚園児の私の甥は自分の名前をひらがなで書く事ができ、簡単な足し算と引き算が出来ます。また難しい本は読めませんが、簡単な絵本ならすらすら読む事が出来ます。

泥酔した大学生はどうでしょうか?
泥酔した大学生はペンを握ってもまともな文字を書く事が出来ません計算も出来ません。本も読めません。私の友人は理系の学部に所属し、微分や積分どころか、もっと難しい計算式を普段から解いているそうです。友人は普段から勉強してそのような知識を得たと自慢げに話すこともあります。しかし残念ながら泥酔してしまうと幼稚園児より学力・思考力が圧倒的に低くなってしまいます。

まとめ

残念ながら泥酔した大学生より、はるかに幼稚園児の方が賢いという結論が出てしまいました。
幼稚園児より10年以上も長く生きており、様々なことを学んでいる大学生でもお酒を飲みすぎるとその経験が全て水の泡。人に迷惑をかけてしまう存在になってしまいます。

お酒は良いものです。気分が高揚して楽しい気分になることが出来ますし、ストレスを解消することも出来ます。泥酔した大学生が次の日に「禁酒する」という宣言をすることもありますが、筆者はお酒を飲むことは悪いことだとは思いません。ただ飲みすぎが良くないのです。

大学生の皆さん!お酒はほどほどにしましょう!