【みんなで叶えた物語】神曲で辿るμ’sのキセキ

μ’sをご存知ですか?

https://www.youtube.com/watch?v=JNzSKM1EljE

μ’sは、学生設定のキャラクター9人で構成されたアイドルグループです。基本は9人のグループと表しますが、ライブなどで中の人(声優さん)が活動する場合にはキャラクターと中の人を区別して18人と表すこともあります。彼女たちは学校に所属する「スクールアイドル」として活動をしています。

μ’sは2010年8月に「ラブライブ!School idol project」という名義でデビューした後に公募により名前が決定されるという珍しい形でお披露目されました。2013年には「ラブライブ!」としてアニメ化され2015年には映画化もされたため、大学生の皆さんの中にはリアルタイムで追いかけていたという方も多いのではないでしょうか。2016年の紅白歌合戦にも出場するなど、アニメ出身のアーティストグループとしては異例の記録を残した伝説のアイドルグループです。今回はリリースされている「神曲」に沿って、μ’sの軌跡を辿っていきたいと思います(筆者の独断に基づきます)。まだμ’sの事を知らない方も既にファンの方も、ぜひ楽しんでいただければ幸いです。
※この記事はストーリーのネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

μ’sメンバー紹介

μ’sは前述したとおり国立音ノ木坂学院という学校のアイドル研究部に所属するメンバーで構成されており、合計9人のキャラクターがいます。それぞれキャラクターとしての個性が強く、きっと誰にでも「推し」が出来ること間違いなしです。今回は学年ごとに魅力をご紹介していきます。
アニメベースですので漫画とは異なる場合がございますのでご了承下さい。

一年生

http://yamaaaaman.hatenablog.com/entry/2016/01/17/011832

「西木野真姫(cv:Pileさん)」「小泉花陽(cv:久保ユリカさん)」「星空凛(cv:飯田里穂さん)」の3人が一年生です。きっぱりとした真姫ちゃん、おっとりな花陽ちゃん、元気系の凛ちゃんと系統は違いますが非常に仲良しです。ツンデレな真姫ちゃんを中心に、じゃれあっている姿が微笑ましい学年です。

二年生

http://yamaaaaman.hatenablog.com/entry/2016/01/17/011832

二年生は「高坂穂乃果(cv:新田恵海さん)」「園田海未(cv:三森すずこさん)」「南ことり(cv:内田彩さん)」の3人です。リーダー的存在の穂乃果ちゃんとその力強さに引き付けられる海未ちゃんとことりちゃんという幼馴染トリオで、最初期のメンバーでありながら衣装政策や振り付け・歌詞制作などにも精を出す、縁の下の力持ちとしての役割も持っている学年です。

三年生

http://yamaaaaman.hatenablog.com/entry/2016/01/17/011832

「絢瀬絵里(cv:南條愛乃さん)」「東條希(cv:楠田亜衣奈さん)」「矢澤にこ(cv:徳井青空さん)」の3人がいるのが三年生組です。初期はμ’sの活動に反対していたにこちゃんと、別の形で同じく反対していた絵里ちゃん、それを入部へと導いた希ちゃんの三人です。生徒会長・副会長・部長で構成されているためため非常に統率力が高く、かと思えば少し抜けているところもあったりと非常に魅力の多い学年です。

楽曲で辿るμ’sの軌跡

https://matome.naver.jp/odai/2142389605272775001

ここからは、μ’sの楽曲厳選13選に合わせてμ’sの軌跡を振り返っていきます。未視聴の方はぜひこれを読んでからでアニメを見てみてください。きっと知っている曲が多くて楽しくなります。全て視聴済みで手元に音源も用意できる方は、ぜひ曲を聴きながら読んでみて下さい。それでは、μ’sic…S.T.A.R.T!!です。

1、僕らのLIVE 君とのLIFE

【ラブライブ!】「僕らのLIVE 君とのLIFE」PV(ショートサイズver.)
「ぼららら」という略称で有名なこの曲は、μ’sのファーストシングルです。発売当時は前述したように「ラブライブ!School idol project」として売り出されていました。9人全員が歌う可愛らしさの中にも力強さや決意を秘めたような楽曲になっています。μ’sの原点となっている楽曲です。

2、Wonderful Rush

【ラブライブ!】μ’s 5thシングル「Wonderful Rush」ショートサイズPV
アニメ放映前に発売されていたシングルの一つで、テンポが良くコールを入れたくなる一曲になっています。歌詞が元気で前向きで、またPVが飛行機に乗るまでのストーリーであるため旅行前にも聴いていたい楽曲です。ライブの映像などを見るときはぜひコールを覚えて、一緒に盛り上がってみると良いですね。

3、START:DASH!!

TVアニメ『ラブライブ!』挿入歌シングル3「No brand girls」/「START:DASH!!」TVCM
こちらはアニメの挿入歌で、初期の穂乃果ちゃん、海未ちゃん、ことりちゃんの3人Ver.と全員Ver.が存在する楽曲です。初期には二年生3人のμ’sへの決意のような形で、1期の終わりでは全員が揃った事への祝福のような形で描かれています。ファンとしては涙無しでは語れない一曲です。

4、それは僕たちの奇跡

https://nijimen.net/topics/1554

アニメ2期のOPとして使用されている曲です。
 「さぁ 夢を叶えるのはみんなの勇気」(歌詞タイム)
という歌詞は、全員終結した終結したμ’sの新たな出発を示唆するようです。学年ごとに振り分けられたパートで歌うのが特徴で、それぞれの学年らしさが良く出た歌声になっています。

5、No brand girls

http://lovelive-sunshine.info/17105

「ノーブラ」という衝撃の愛称で親しまれるこの曲ですが、歌詞の内容はμ’sの心情に寄り添ったものとなっています。ブランドはまだ付いていないけれどまだこれから何でもできるんだ、というμ’sのこれからに希望を持った曲です。アニメでは悪化した風邪を押しても完璧なパフォーマンスをする穂乃果ちゃんが印象的でした。非常にメンバーの動きが激しい曲となっていて、ファン側も自然と体が踊り出します。

6、Snow halation

https://www.youtube.com/watch?v=6YXAE1jD2N4

言わずと知れた名曲、「スノハレ」です。アニメでは雪の中メンバー一人一人がつぶやいた言葉を元に作られた、幻想的な曲になっています。スノハレといえばPVでの演出のオレンジの光が、ファンの力で再現される事が有名ですね(詳しくはぜひこちらをご覧下さい)。ファンが自主的に行って始まったというオレンジの光からも、ファンが如何にμ’sを愛しているかをうかがえる一曲です。

7、Pure girls project ~Printemps~

https://www.amazon.co.jp/Pure-girls-project-%E4%B9%85%E4%BF%9D%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%AB-Printemps-%E9%AB%98%E5%9D%82%E7%A9%82%E4%B9%83%E6%9E%9C/dp/B00CR39A9K/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8&qid=1534150539&sr=1-4&keywords=printemps

ここからはユニット楽曲に入っていきます。まずは穂乃果ちゃん、花陽ちゃん、ことりちゃんで構成されているPrintemps(ぷらんたん)です。Printempsらしい女の子らしく可愛らしい楽曲になっていて、コールも可愛くなっています。女の子の日常や気持ちを描いたその名の通り「純粋」な曲になっています。

8、秋のあなたの空遠く ~lily white~

https://www.amazon.co.jp/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E7%A9%BA%E9%81%A0%E3%81%8F-lily-white/dp/B00N33RF0Y

こちらは海未ちゃん、凛ちゃん、希ちゃんが所属するlily white(りりーほわいと)の楽曲です。lily whiteの曲は少し昭和歌謡チックな曲が多く、ファンが多い理由の一つとなっています。恋する女の子の気持ちを非常に直球に描いた歌詞は、女の子の心に強く刺さるのではないでしょうか?いじらしい恋をする女の子にこそ聴いてほしい一曲です。

9、PSYCHIC FIRE ~BiBi~

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%80%8E%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%80%8F%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%80%8C%E9%8C%AF%E8%A6%9ACROSSROADS%E3%80%8D-%E8%A5%BF%E6%9C%A8%E9%87%8E%E7%9C%9F%E5%A7%AB-Pile-BiBi-%E7%B5%A2%E7%80%AC%E7%B5%B5%E9%87%8C/dp/B015HQJ5FC/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1534150638&sr=1-1&keywords=psychic+fire

絵里ちゃん、真姫ちゃん、にこちゃん三人のユニット、BiBi(びび)の楽曲です。「華やか系モデルユニット」というコンセプトでありながらネタと受け取れる曲をもこなす、ポテンシャルの高いグループです。そんな三人の元気いっぱいな曲がこちらです。アッパーチューンで歌詞も前向きな、テンションを挙げたいときには最高の一曲です。

10、ミはμ’sicのミ

https://www.youtube.com/watch?v=xNNQ9kq19oE
さて、ここからμ’sの楽曲に戻ります。ミはμ’sicのミ、通称ミミミは2015年に発売されたμ’sのシングルです。
μ’sic forever!忘れないで 君と僕の足跡」(引用:歌詞タイム)
という歌詞から始まる、まるでμ’sそのもののような曲と感じられます。「みんなで作るμ’sの歌」という企画で募集したキーワードを使用して作られており、それも心に響く歌である一因なのだと思います。ダンスも付いているのでぜひライブの映像を見て覚え、一緒に踊ってみてください。

11、Angelic Angel

https://www.youtube.com/watch?v=oWIE7GwJu3c
AAの略称で知られるAngelic Angelは、劇場版の挿入歌です。和風な衣装と扇子を使ったダンスが可愛く、クセになる事間違いなしです。
「翼をただの飾りにはしない」(引用:歌詞タイム)
という歌詞は、μ’sが海を越え国境を越え羽ばたいていくというストーリーに沿っているように感じます。海外の夜景の中でメンバーが踊る姿も幻想的で素敵ですね。ストーリーとしてはμ’sがスクールアイドルの代表として海外で披露する曲なので、メンバーにとっても大きな曲となっています。

12、SUNNY DAY SONG

https://www.youtube.com/watch?v=JNzSKM1EljE

こちらも劇場版の挿入歌で、劇中ではたくさんのスクールアイドルが一同に介して踊る「スクールアイドルの曲」になっています。数えきれないほどのスクールアイドルがみんなで楽しそうに踊る姿は、心動かされること間違い無しです。ダンスが覚えやすいので、ぜひ人を集めて一緒に踊ってみて頂きたいです。曲調も歌詞も明るく、未来に希望を持っている事がはっきりと表現されている曲です。落ち込んだ時に聴くと元気が出ます。

13、僕たちはひとつの光

https://www.youtube.com/watch?v=gGylFjDJ9f8

劇場版のエンディングテーマとして起用されている曲です。(筆者的には)μ’sがスクールアイドルとしての生涯を終える最後の曲で、過去と未来へ向けたやさしさが描かれています。歌詞にメンバーの名前が入っているのも素晴らしく、聴いていると本当に涙が溢れてくる曲です。
「みんなと出会えたこと 嬉しくて離れたくないよ 本当だよ」(引用:歌詞タイム)
という歌詞が、メンバーそしてファンすべてに出会えた事を感謝しているようです。「今が最高!」という歌詞では、過去の事を懐かしみながらも戻りたいとは思わない、前へ進んでいくのだという気持ちにしてくれます。μ’sの集大成であり後悔は無いと言う事をはっきりと伝えてくれている、μ’sの最後を飾るに相応しい曲だと思います。

いかがでしたか?

http://lovelive-matome.com/archives/taxikumiawase0807.html

まだまだご紹介したい曲はたくさんあるのですが、今回はここまでとさせて頂きます。個人的には「僕たちはひとつの光」が一番涙腺を刺激するのでここまでとさせて頂きましたが、この後に発売された「MOMENT RING」「さようならへさよなら!」等も非常に名曲ですのでぜひお聴き下さい。

μ’sを追いかけていたころの懐かしい気持ちに少しでも戻って頂けたでしょうか。また、初見の方にはμ’sの魅力が少しでも伝わったでしょうか?どちらにせよ、少しでも楽しんで頂ければ幸いです。
μ’sから離れてしまった、現役で追いかけてはいないという方も多いとは思いますが、これを機にぜひアニメや映画を見返したり曲を聴き直してみたりして、再びμ’sロスを起こしてみてはいかがでしょうか。ま、たまだ触れた事の無い方もぜひこれを機に見てみて頂ければと思います。

μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 




最新の記事はこちら