【ひとりぼっちだからできる!】 おうちで楽しむハロウィンコスプレ

ハロウィンといえばやっぱりコスプレ!

ハロウィンというとやっぱり真っ先に思い浮かぶのは仮装、つまりコスプレですよね。
普段とは違った特別な装いで、パレードやイベントに参加して楽しむ。そんなイメージをされる方が多いのではないでしょうか。

でも、中には人混みが苦手で「わざわざイベントに参加するのはちょっと…」と考えてしまう人も少なくないはず。
確かに人混みは疲れてしまうし、ストレスが溜まりせっかくのハロウィンを思い切り楽しめない、なんてことになってしまうのは残念。

イベントには参加せず、一人でハロウィンを楽しみたい!
そんなあなたにおすすめしたいのが、おうちでコスプレパーティーです。

人混み嫌いはおうちでコスプレパーティー

   

おうちでコスプレ?しかも一人で? そう思った方もいるかもしれません。

でも、自宅でのコスプレは一人だからできるメリットがいっぱい。
人前だとなんだか恥ずかしいと思ってしまう衣装だって、一人なら誰かの目を気にせずに楽しむことができます。さらに衣装を選ぶ時も「友だちと被っちゃうかも…」と気に入った衣装を諦めてしまうこともありません。

ひとりぼっちだからこそ、おうちでのコスプレパーティーを最高に楽しむことができるのです。

一人コスプレの楽しみ方

①ちょっとセクシーなコスプレにチャレンジしてみる

外で着るのはちょっと抵抗があるようなセクシーな衣装も、家の中なら心配いりません。 
露出の多い衣装は照れてしまうけど、普段の自分とは違った雰囲気を楽しむことができるので、年に一度きりのイベントに挑戦してみてはどうでしょうか。

 

②女装・男装をしてみる

例えば男性なら女性に、女性なら男性になりきったつもりで思い切り「変身」してみるのはどうでしょうか。
自分の理想の異性になりきってちょっとした仕草を真似してみると、普段は気づかないような新たな発見があるかもしれません。

 

 ③ファッションショーを楽しむ

自宅でコスプレをするメリットは何度でも着替えができるという点です。
イベントへの参加であれば通常は最初から最後まで、ずっと同じ衣装を着ているものですが、自宅であれば何度でも着替えて様々な衣装を着ることができます。
可愛い衣装からかっこいい衣装、あるいはハロウィンらしいホラーやスプラッター系など、色んな衣装でファッションショーをしてみましょう。

 

ハロウィンにおすすめのコスプレ5選

①吸血鬼

モンスターの中でも定番中の定番。
最近では衣装だけでなく、吸血鬼のトレードマークである牙や血糊もセットになっているので、牙や服に血糊をたらせばまるで本当に生き血を吸ったかのような生々しさが演出できます。いかにもハロウィンという雰囲気を楽しみたい人はきっと気に入るはず。

 

②魔女

こちらも定番。魔女は小さな子どもから大人まで幅広く楽しむことができるコスプレです。可愛いものから大人っぽいものまでバリエーション豊かなデザインも魅力の一つ。女性だけでなく男性も、もしかしたら自分に似合うデザインを見つけることができるかも?

 

③死神

死神の大きな鎌はインパクト大。持っているだけでもテンションが上がりますよね。
服装自体は黒いローブを被るなど比較的お手軽なので、男女問わず初心者の方でも楽しめるのが魅力です。

 

④ゾンビ

市販の血糊などを使って傷メイクをしたり、服をわざとボロボロにしたり。アレンジ次第で自分なりの変化をつけることができるのも大きな魅力。
ゾンビナースやゾンビ執事など、ゾンビ+別のコスプレも楽しめるのでオリジナリティを追求したい方にもおすすめです。

 

⑤ピエロ

こちらもメイクが楽しいコスプレです。真っ白な顔に恐怖心を煽る真っ赤な唇で、不気味な笑顔を作ってみませんか? まったく違う自分になりきってハロウィンをちょっぴり変わったホラーな気分にしてみたい。そんな演技派のあなたにはぴったりのコスプレです。

 

まとめ

人混みが嫌いでも、一人きりでも、だからこそできるハロウィンの楽しみ方の一つとしてコスプレをご紹介いたしました。
ここ数年は各地でハロウィンのイベントが多く開催されていることもあり、「コスプレ=イベントへ参加」というイメージが根強い中、あえて一人で楽しむハロウィンがあってもいいのではないでしょうか。
今年は一人ならではのメリットを生かし、おうちで思い切りコスプレを楽しむ。そんなハロウィンをあなたも過ごしてみませんか。

 

The following two tabs change content below.

文系大学で民俗学専攻の2年生。ゲームとミュージカル大好きで、文字が好き。速読能力有り。