ライトニングケーブルの断線の原因とその対策

今や私たちの生活に欠かせない存在であるスマートフォン。そのスマートフォンと切っても切り離せないのが充電です。iPhoneであれば、Lighthingケーブル、AndroidであればマイクロUSBケーブルで充電しますが、何度も断線したという方も少なくないのではないでしょうか? 今回はケーブルの断線の原因とその対策についての特集です!

ライトニングケーブルの断線を早めてしまう原因となる使用法とは?

lightningケーブルの断線理由


そもそも、充電ケーブルはどのようにして断線してしまうのでしょうか?その原因となる使用法を紹介します。

1.充電をしながらの使用

ケーブル断線の原因として最も多いのがこの理由と言われています。充電をしながらのスマートフォン本体の使用は、ケーブルに大きな負担をかけることになります。

2.ぐるぐる収納

持ち運ぶ時や、使用後などケーブルをぐるぐる巻きにして収納する方も多いはず!ですが、その方法ではきれいに収納できたとしても、ケーブル全体にかける負荷はとても大きくなってしまいます。

3.コンセントへの差しっぱなし

充電をして、そのままコンセントにケーブルごと差しっぱなし。そのような使い方は、ケーブルの劣化を早め断線の大きな原因となります。

断線させない対策とは?


出典:https://www.pakutaso.com/20160925264post-9066.html

出典:https://www.pakutaso.com/20160925264post-9066.html


断線の原因が分かったところで対策を立てていきましょう!断線の原因で見てきた通り、断線を防ぐにはケーブル、特に端子の根元の部分にいかに負担をかけないかが重要となります。では、そのためにはどのような使用が望ましいのかを見ていきましょう。

1.とにかく丁寧に扱う

スマートフォンというのは、精密機器です。つまりその充電を行うケーブルも、忘れがちですが精密機器。スマートフォン本体を扱うくらいのつもりで丁寧に扱うと、ケーブルの寿命も延びるのです。

2.充電はこまめにするのではなくまとめてする

生活とは、切っても切り離せないスマートフォン。充電をこまめにする方も多いようです。ですが、ケーブルというのは消耗品です。なるべく充電の回数は少ない方が、ケーブルに対しての負担や劣化を減らすことができます。持ちあるかないほうがケーブルを傷つけるリスクを減らすことが出来ます。また、こまめな充電はスマートフォン本体のバッテリーに対しても負担をかけてしまい、充電が早く減る原因となってしまいます。また、充電が減らないための工夫も大切です。
設定が細かくてとりあえずすべての設定をonにしている方も多いようですが、実はその無駄を省けばかなりの量の充電を節約できるのです!Wi-Fi環境にない時は設定そのものをoffにするあまり使用しないアプリの通知を減らすBluetoothの設定をoffにする。これだけでも充電の減りを抑えることが出来ます。また、寝ながらの充電をやめるだけでも充電は長持ちします。また、一度充電を完全に使いきってからの充電は、バッテリーの回復に繋がるので、休みの日などに1度お試しください!

3.ケーブルを補強する

使用していれば、丁寧に使用していてもやはりどうしてもケーブルに負荷がかかります。なので、ケーブルを補強することによって、1回の充電でかかるケーブルへの負担を軽減しましょう。方法としては、使い終わったノック式ボールペンのバネをケーブルに巻き付ける、市販のケーブル保護用品を使用するなどがあります。どれも安価に試せることが出来ます。

4.充電スタンドを使用する

充電プラグに直接スマートフォンを接続するのではなく、プラグをスタンドに繋ぎ充電する方法です。端子の根元への負担を減らすことが出来ます。また、充電しながらのスマートフォンの使用が出来なくなるので、充電中にどうしても我慢できずに使ってしまうという方にもおすすめの方法です。

もし断線してしまった場合は?


出典:https://www.pakutaso.com/20160823221post-8606.h

出典:https://www.pakutaso.com/20160823221post-8606.h


ここまで様々なケーブルを長持ちさせるための方法を書いてきましたが、ケーブルは消耗品。断線はいつでも起こり得ます。そのような場合には、少し値が張ってしまうかもしれませんが、なるべくメーカーの正規品を購入するようにしましょう。そのほうがスマホ本体への負担が少なく、また、ケーブルの持ちも当然長くなります。また、ご使用の各ケータイ会社のショップへ行ってみてください。月々の使用料金などで貯まったポイントを使用することで、無料で買えることもあります。また、どうしても緊急を要する場合に充電が無くなってしまったときにも、ショップごとの差はあるようですが、無料で充電させてもらえることが多いです。

iPhoneの純正充電器の場合は、購入して1年以内であり、故意に壊したのでなければAppleサポートセンターに電話をすると無償で交換してもらえます。また、Appleの有償保障に加入している場合、保証期間はさらに長くなるので、iPhoneユーザーの方は、ケーブル購入前に一度確認してみましょう。

いかがでしたか?
充電ケーブルを長持ちさせるには様々な方法があります。自分のライフスタイルにあった方法を見つけて、スマートフォンを使いこなして充実した生活をお送りくださいね!




最新の記事はこちら