お花見の季節にモテたい男子大学生に告ぐ!女子ウケ最高なお酒の選び方。

お花見で女子に好印象を与えたい男子大学生必見!

お花見に必須のアイテムといえば「お酒」です。お酒があった方が場が盛り上がりますし、楽しいですよね。2017年の桜開花予想は3月22日と発表され、いよいよお花見のシーズンが到来し、サークルやゼミの友人とお花見に行く大学生も少なくないでしょう。
そこで今回は現役女子大生の筆者が「これを持って行ったら女子からの好感度が上がるかも!」というお酒の選び方をお伝えします。お花見の幹事になった男子大学生の皆様はぜひ参考にしてみてください。

女子ウケ最高なお酒は?

1.ハイボール系

http://products.suntory.co.jp/d/4901777276529/

写真は、言わずと知れたウイスキーの世界的銘柄「ジムビーム」のハイボールです。
ウイスキーというと苦いイメージがありますが、フレーバーが効いているものであれば好まれるでしょう。また、ウイスキーは度数が高い割に低カロリーなため、ちょっとした豆知識として持ち合わせていると好感度も上がるかもしれません。

2.フレーバービール系

https://www.belgianbeer.co.jp/products/detail.php?product_id=97

写真はドイツのヒューガルデン・ホワイトです。
ビールが苦手な女性も多いと思いますが、柑橘系のフレーバービールだと女性でも非常に飲みやすいです。強く女子ウケを狙っている感じも出づらく、かつトークの話題にも出来そうなチョイスですね。コンビニだとヤッホーブルーイングの『水曜日のネコ』も有名です。
ちなみにヒューガルデンのホワイトビールは、アルコール濃度4.9%と女性がほろ酔いするのにちょうど良い濃度と言えます。

3. カシス系

写真はサントリーより『ほろよい<カシスとオレンジ>』です。
カシスオレンジといえば定番すぎるかもしれませんが、あまりお酒に詳しくない方や好きではない方でもとりあえず安牌な選択肢として重宝されます。

 

4. 梅酒系

http://store.shopping.yahoo.co.jp/umeshu/1002-24-0720.html

写真は八木酒造の『とろとろの梅酒』ののんある®タイプです。(ノンアルコール)
最近の果実酒ブームはすごいですよね。その中でも梅酒は勢いがあります。ここ数年で梅酒専門店が東京の至る所にオープンしました。筆者も飯田橋の梅酒専門店に足を運んだことがありますが、店内はほとんど女性でした。もはや女性しかいません。確かに梅酒を持って行くと狙っている感は否めませんが、喜ばれるでしょう。
加えて少し古いアンケート結果ではありますが、20代女性の35.8%がお酒に弱い、というデータが出ています。ちなみに20代男性でお酒に弱いと答えたのは26.9%でした。(http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2011/110510/)この様にお酒に弱い女性は一定数存在することが分かります。そんな女性もお花見の席を楽しめるように、ノンアルコール飲料を持って行けば気の利く人と思われるでしょう。

女子の好むお酒4箇条

では、実際のところどんな基準で選んだらいいのでしょうか。上記4つは筆者自身の経験則から周囲からの支持が高いものを選びました。
コンビニやスーパーで買う場合がほとんどかとは思いますが、様々な種類のお酒が商品棚に陳列されています。女性向けに可愛らしいパッケージのものもあれば、派手なものまで様々です。また、インスタグラムやツイッターなどで写真をシェアする方も多いでしょうから、見栄えという点も好感度をあげるにはポイントになるでしょう。さらに期間限定のものであれば話題にもできますね。

下記のように、女性受けという点で要素を分解してみると、4つの基準が見えてくるのではないでしょうか。

 

1.飲みやすさ

辛口のキレのあるお酒よりも程よく甘めのお酒、という意味での飲みやすさです。
多くの女性が「アルコール独特の味が苦手……」という意見を持っています。日本酒やテキーラを飲みまくる酒豪な子もいますが、基本的にアルコールの味がダイレクトに主張してこない、ごくごく飲めるお酒が女性には好まれます。

2.度数の高さ

度数が高いとアルコールの味が強くなることに加え、男性の前では度数が高い物を飲みたがらない女性もいます。そこをわかってチョイスしてあげると、好感度アップが見込めるのではないでしょうか。

3.期間限定もの

期間限定やweb限定といった限定物には弱い女性も多いでしょう。マイナビウーマンのアンケートによると、実に54.6%の女性が地域限定・期間限定の物は買っておきたいと回答しています。数字でみるとかなり高確率で限定品を好むことが分かります。お花見の時期はコンビニなどでも限定の商品が並ぶ季節でもありますね。

4.フォトジェニック

常に「インスタ映え」を気にしている女性はかなり多いかと思います。写真に撮った時に映えるか?というのがポイントです。パッケージや見た目がかわいい物はテンションが上がります。

これら4つの指標を基準にしてお酒を選んでみるのがいいかもしれません。

注意したい心がけ

しかし、実際にお花見に持って行くお酒を選ぶ時、上記のような4つの基準で選んだとしても、注意しなれければならないこともあるでしょう。

1.狙いすぎない

これは非常に重要です。モテたい、という気持ちが前に出すぎていると敬遠されてしまうことも。出来る感を出そうとすると、女性はそれを感じ取ります。なのであまりにも気合いの入ったワインや、普段あまり手を出さない高いお酒を持っていくと引かれてしまうこともあるでしょう。

2.女性の好みに寄せすぎない

先ほどの4箇条で述べたように、女性は甘くて飲みやすいお酒が好きです。しかし、それに寄せすぎるよりも男性が普段飲んでいるようなお酒で、かつ女性も楽しめるものの方がナチュラルです。

まとめ

女子ウケという観点からお酒の選び方を紹介しましたが、いかがでしたか?確かにどのようなお酒を選ぶかも重要です。しかし、いくらお酒のチョイスがよかったとしても、それはあくまでもその時点でのアドバンテージにしかなりません。
自分がお酒を飲み過ぎて醜態をさらしてしまったり、騒ぎすぎて周りに迷惑をかけてはせっかくの好感度も意味が無いですよね。
大学生のお花見は、節度のある態度で楽しみましょう!

参考記事:

女性と飲酒 | お酒と健康-女性と飲酒
(http://www.arukenkyo.or.jp/health/woman/index.html)

マイナビウーマン | 女性は限定品に弱い?「はい……54.6% 地域限定、期間限定のものは買っておきたい」
(https://woman.mynavi.jp/article/140626-61/)

ネットリサーチ ディムスドライブ | 『お酒の飲み方』に関するアンケート
(http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2011/110510/)




最新の記事はこちら