今大学生を中心に人気急上昇中!電子タバコ VAPEとは?VAPEを選ぶべき5つのメリット

VAPEってなに?

VAPEとは、電子タバコと呼ばれるものの一種で、タバコとは全く違うものです。様々な香りや味のリキッドを、電気で熱して出る蒸気を吸って楽しむものになります。

今回はそんなVAPEを選ぶべきメリットを5つご紹介させて頂きます。

VAPEって体に害はない?

日本では、法律によりニコチンが入っていないリキッドしか販売できません。またVAPEで吸うのは蒸気ですので、タールも含まれておりません。

したがって、タバコに比べれば害は格段に少ないと言われています。
日本で購入できるリキッドは日本製をはじめ、イギリス製、アメリカ製のものなどがありますが、
基本的にはニコチン・ジエチレングリコール・ホルムアルデヒド・アセトアルデヒドが混入していないことを証明できたものしか購入できないようになっています。

VAPEってどれくらいお金がかかるの?

本体の機種によって金額はまちまちですが、3,000円〜25,000円ほどになります。
リキッドは10ml(約5〜10日分)約1,000円、30ml(約15〜30日分)約3,000円です。

その他、煙を作るパーツを含め吸い方にもよりますが、月々2,500円〜6,000円くらいで維持が可能です。
タバコを毎日吸う人が1箱460円×30日で約14,000円になりますので、
維持費を1/2~1/5くらいまで節約することが出来ますね!

メリット

ファッション性が高い

VAPEの魅力。それはなんと言ってもオシャレな形状です。VAPEは、スリムなアルミボディからレトロなカメラのようなボディまで種類も多く、アクセサリーのようなおしゃれアイテムとして欧米で人気が出始めました。現代的な形状は男女問わず目を引き、トレンドに敏感な人の愛用が増えているそうです。

また使用の際に、光が発生します。この光も人気の理由の一つでしょう。クラブなどのナイトシーンでVAPEを吸っていれば、周囲のひとから注目を浴びること間違いなしです!

匂いが気にならない

VAPEでモクモクと吐き出す煙は水蒸気であり、タバコの煙とはまったくの別物です。紙巻きタバコの場合はもちろん匂いがあり、特に非喫煙者の人はとても不快に感じてしまいますよね。
衣類にもタバコの匂いが移り、エレベーターなどで一緒になった人へ嫌な顔をした経験があるはずです。

VAPEの場合も匂いはありますが、紙巻きタバコとはまったく別物で、アロマのような感覚です。

リキッドによっては強い匂いがするものもありますが、紙巻きタバコのようなタール特有の嫌な匂いはまったくありません。好みのフレーバーの香りなら、お部屋にいい香りが立ちこめるだけです。

経済的な理由

先ほども記載しましたが経済的な面でもタバコと比べ大きなメリットがあります。経済的な負担が軽いので、タバコが高くて購入できない人も電子タバコなら継続して利用できます。
健康にも害が少ないので一石二鳥ですね★

物珍しく見える

人は新しいもの好きです。 物珍しいものを持っていることで友人に「ドヤ顔」をすることが可能です。
話題の中心にもなれ、「ちょっと吸わせて!」と女の子と間接キスできたりもすることも・・★

フレーバーが甘いから女性でも吸える

VAPEはリキッドを加熱することで発生する水蒸気を吸います。このリキッドのフレーバーが豊富なこともメリットに挙げられるでしょう。
特に最近はレッドブル味や紅茶味などが女性に人気です。色々と吸い比べてみるのもおもしろいですね。

タバコと比べて「シンプルに美味しい」という理由でVAPEを吸っている人も最近増えてきているそうです。

***
いかがでしたでしょうか?今回はiQOS、プルームテック、gloなど電子タバコが沢山出ている中で、VAPEを選ぶメリットをご紹介させて頂きました。
体に害が少なく、ファッション性の高いVAPEは非常に敷居が低いのではないでしょうか。一度試してみても良いかもしれませんね。




最新の記事はこちら