男子大学生がアメリカ留学で見つけた世界有数の大都市『ニューヨーク』の魅力

ニューヨークに行ったことはありますか?

世界有数の観光名所であり、大規模な都市でもあるニューヨーク。あなたは行ったことがありますか?ほぼ地球の反対側に位置するニューヨーク、羽田空港発の直通便に乗ると到着まで約13時間かかります。しかし、ニューヨークには時間とお金を費やしてでも行く価値がある、と筆者は考えます。ニューヨークの魅力を読者の方々に少しでも共有できたらと思います。

アメリカ東海岸の主要都市ニューヨーク

ニューヨークはアメリカの東海岸側にあります。ニューヨークの中でも特に有名なのがニューヨーク市です。ニューヨーク市はマンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランドと5つの地区から形成されています。

5つの地区のなかでもマンハッタンとブルックリンに観光名所が集中しています。我々が想像するニューヨーク像といえばその2つの地区です。日本で考えるとニューヨーク市を東京都と置いた場合マンハッタンが東京周辺、ブルックリンは新宿周辺、他の3地区は23区外というイメージです。*あくまでも個人の意見です。今回は中心街マンハッタンとカフェとアートの街ブルックリンに焦点を当てて紹介していきたいと思います。

ニューヨークの観光名所

マンハッタンといえば

マンハッタンの大きさは東京ドーム1200個分です。これではわかりませんね。掴みやすい感覚で言うと山手線の内側にすっぽり入るくらいの大きさです。ミュージカル好きにはたまらないブロードウェイ、過去のスパイダーマンのロケ地として有名なタイムズスクエア、世界最高峰の金融街であるウォールストリート、それらを一望できるエンパイアステートビルディング、他にも1度は観ておいた方がいい名所ばかりあります。

そんなに広くて建物が多いのに道に迷わないかと思われますが、マンハッタンは格子状に通りが作られていて南北を通っているのがAvenue、東西に通っているのがStreetとなっています。看板を頼りに縦横の通りが交差する部分を目印にして現在地と目的地を割り出せることで迷うことを防げます。地下鉄も通っているので初心者でも巡りやすいでしょう。

全く雰囲気の違うブルックリン

キャプテンアメリカことスティーブ・ロジャースの出身地でもあるブルックリンはマンハッタンの高層ビル群とは対照的に、とても落ち着いた雰囲気です。和やかな住宅街が広がり、大通りにはカフェのテラス席が並んでいます。

ブルックリンとマンハッタンをつなぐブルックリンブリッジも観光名所のひとつです。車の通る道路の上に歩行者用の道が作られていて両方の街を一望できます。日中でも夜でも綺麗な景色が楽しめます。

ブルックリンでは芸術活動が盛んで、独特な絵画、服、オブジェなど、ここでしか見られないものが街に点々を置かれていたりします。アートをコンセプトに一風変わったカフェなどもたくさんあってマンハッタンとは異なる風情が楽しめるでしょう。個性的なお店もたくさんあったので歩けば歩くほど発見のある街だと思います。ぜひ開拓してみてください。

行けばわかるニューヨークあるある

ニューヨークに訪れたことのある人には多くの共感を得たユニークな話がいくつかあります。行った経験のある人は自分の体験と照らし合わせてください。行ったことのない人はニューヨークに足を運んで自分自身で体験し共感してもらえると嬉しいです。

いたるところにスターバックス

ニューヨークにはスターバックスコーヒーの店舗がたくさんあります。前述のAvenueとStreetが交差する各ポイント全てにあるのではないかと疑うほどです。だいたい100メートル置きに1個ずつあるくらいです。私が見つけたなかで距離が一番近いものはAvenueの横断歩道両端に1店舗ずつありました。都内のコンビニよりも多かったように感じます。

ハンバーガーショップも多い

ハンバーガーショップもかなり多かったです。日本では大手チェーンがほとんどですが、ニューヨークではあまり有名ではないハンバーガーショップも有名ブランドに混じって営業していました。ご飯を食べようと飲食店を探しても一番目に入るのがハンバーガーショップでした。そしてふと気が付くとスターバックスの前にいるのです。

タクシーより徒歩が早い

マンハッタン内の道路にはとっても車が多いです。イエローキャブやUberが通りに氾濫しています。そのせいで常に渋滞が起こっている状態で、車はほとんど動きません。したがって徒歩が1番最速で目的地に向かう手段となります。

憧れのニューヨーカー

観光客とは違う圧倒的なオーラに憧れすら感じました。物価が高い地域に住んでいるだけあって服も装飾も高級品に身を包み、ビジネスを成功させる能力が風貌に表れていました。彼らの大多数はスターバックスのドリンクを持っています。どおりでスターバックスの店舗が多いわけです…。

気づいたらすごい距離を歩いている

ニューヨークでは人々が営業先に行くため、飲食店を探すため、観光名所を回るため、スターバックスから逃げるため様々な理由で街中を歩いています。私が初めてニューヨークに行った際には意図せず1日中歩き回ってホテルに帰るとどっと疲れが押し寄せるなんて経験をしました。余裕のある移動と観光をおススメします。

ニューヨークに魅力を感じてもらえたあなたへ

ニューヨークに関してのご紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?この記事で伝えられた魅力はほんの一部であり、個人的な見解も多少入っています。みなさんにはご自身の目でニューヨークを見ていただければと思います。ひとつ私が自信を持ってお伝えできるのは、ニューヨークに行って絶対に後悔しないということですご拝読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA