社会人の服装で気をつけることとは?〜オフィスカジュアル編〜

最近話題のオフィスカジュアルとは

皆さんが社会人になった時、どんな服を着て行きますか?

スーツを着なければいけない会社もありますが、最近はオフィスファッションのカジュアル化が進んでいる会社も多いです。いわゆる「オフィスカジュアル」というものです。

そもそもオフィスカジュアルとは、仕事をするときの服装ではありますが、スーツのような固すぎる服装ではなく、失礼にならない程度のカジュアルな服装のことを言います。また、オフィスカジュアルに明確な決まりはなく、会社によっては着用できる服、着用できない服を設けている場合もあります。

ジャケットやシャツの着用など、皆さんもある程度はイメージされているかと思いますが、その中でも気をつけるべき点はいくつか御座います。

1af7a3e2-0b59-4a5d-9083-a8224cc16b95

オフィスカジュアルで気をつけるべき点

カジュアルだからどんな服を着てもいいというわけではなく、あくまでお仕事をする際の服装ですので、動きやすい上に、相手に不快感を与えない服装を心がけましょう。

まず清潔感はとても大切になります。職場でダメージジーンズやヨレヨレの服はNGです。職場で周囲に不快感を与えてしまう可能性や、お客さんが来社された場合等にマイナスのイメージを持ってしまう可能性があります。

また、カジュアルすぎるのも危険です。あまりにも派手な色の服や、露出の多い服なども社会人として適していません。Tシャツやパーカーなどは会社によってはOKの所もありますが、タンクトップやシルエットのゆったりしたものは、ビジネスの場では失礼になってしまいます。

e6977633-996d-4632-939e-4986908e6fd6

オフィスカジュアルコーデはシンプルに!

だぼっとした服装はカジュアルさが出てしまうので、体に合った服装を着用できると良いかと思います。基本は「シンプル」です。まずは柄物やデザインに凝ったものではなく、控えめな色の服を選べると良いかと思います。基本は、白、グレー、ベージュ、紺など、相手に不快感を与えづらい色になります。

職場によって色々なルールがあると思いますが、徐々にファッションスタイルを変えていけると思いますので、まずはベーシックなアイテムを揃えていきましょう。




最新の記事はこちら