実はおかしい?海外旅行前に注意!外国人が指摘する変だと思う日本メイクとファッションスタイル

実はおかしい?海外に行くなら海外スタイルで!

日本ではお洒落とされているメイクやファッションも、海外では変だと言われることがあるのを知っていましたか?また、日本人にはモテるのになぜか外国人にはモテない!という方も多いのでは?せっかく旅行に出かけるのにそのままのスタイルで行ってしまってはもったいない!せっかくならば海外風メイク、ファッションで旅行を楽しみましょう。

メイクアップ

  • カラーコンタクト

グレー、ピンク、青など、明らかに日本人の顔と一致していない色、黒目範囲が大きすぎるカラコンなどは一番のNGです。ハロウィンの変装衣装を着る時以外では欧州でほとんど使われないカラーコンタクトの使用は、宇宙人、人形みたい、怖い、と思われてしまいます。

  • 涙袋

日本のメイクでは目を大きく見せるためにアイシャドウなどで涙袋を強調させます。海外では、目の下の膨れは疲れている目の象徴らしく、それを隠すためのメイクに力を入れ、わざわざ強調させる人はいません。こんなのところに塗るの?と指摘されてしまいます。 

  • つけまつげ

海外でもつけまつげをつけている人はいますが、妙に長すぎるまつげは多くの人は好みません。海外でも日本と同じように、ギャルっぽい人、化粧が濃い人がつけているイメージです。

  • ファンデーションの白塗り

韓流ファンに多い、真っ白な肌。日本や韓国などのアジアでは白い肌が美とされますが、白人が多い欧州では、夏には白い肌ではなく、そばかすの見えた小麦色の肌が人気です。また健康的な肌とともに、痩せ型体型ではなく健康的な肉体が好まれます。普段しっかり美肌お手入れをしている日本人であれば、すっぴんでも綺麗な肌だと言われるでしょう。

  • まん丸チーク

欧州では可愛さよりも、セクシーさが重要です。ピンク、オレンジチークなどの目立ちすぎは、化粧が濃く見えるだけでなく、子供っぽくも見えてしまいます。海外ではチークよりも、顔を細く見せるため、サイドから頬の下へのローライトを濃く入れるようです。

実は海外でウケがいいのは?

以外とウケがいいのは、ラメ入りアイシャドウです。海外ではブルーやオレンジなどのカラー系アイシャドウが流行っていますが、日本のピンクやブラウンの、カラーそのものよりもキラキラしたラメが特徴的なアイシャドウのウケがいいようです。

そしてあまりキュートな仕上がりのメイクが好きではない海外の男性には、意外とすっぴんの方が良いと言われたりもするでしょう。

女子髪型、ファッション

 

  • 金髪、アッシュ系カラー

金髪は笑われます。目の前でバカにして笑う人はさすがにいませんが、日本人なのに金髪なの?とちょっと小馬鹿にされるでしょう。また、アッシュ系カラーなども日本人の顔には合わない、と思われるようです。

  • 前髪ぱっつん

海外の歌手やモデルがファッションでぱっつんをしていることはよくありますが、実際には日本人のようなストレートなぱっつん前髪を持つ人はいません。子供っぽく見えてしまい、日本人形みたいとも言われます。

  • 体のラインが見えないぶかぶかな服

日本ではオーバーサイズの服や、ウエストラインがわからない服を着る人も多いですが、海外では女性の体のラインが見えてこそオシャレなのです。可愛い服を選ぶのではなく、自分の体を際立たせるための服を選びます。

  • ロングスカート、スキニー以外のパンツ

ワンピースなど、上下が繋がったドレスはむしろ褒められますが、ロングスカート単品はあまり好まれません。スキニー以外のパンツなども足腰のラインを全て隠してしまっているのでセクシーさにかけるのでしょう。

実はウケがいいのは?

日本人女子で一番海外ウケがいい髪型は、間違いなく黒髪ロングです。日本人しか持っていない細くて柔らかい綺麗な黒髪は、欧州女性の憧れです。また海外の男性は女性に対して長い髪を好む傾向にあるので、ショートよりもロングの方が人気があるでしょう。
ファッションでウケがいいのは、スカートです。欧州女性のスカートの着用は昔と比べかなり減っており、その楽さゆえスキニーパンツが流行しています。そのためミニスカートや膝までのひらひらスカートはよく褒められます。 

メンズファッション

実は海外旅行、留学の際、特にファッションに気をつけて欲しいのは女子よりも日本人男子なのです。日本、韓国を代表とし、欧州の国からは、アジアの男たちの間ではゲイファッションが流行りだと言われていることを知っていましたか?

  • トートバッグ

一部の国では女の子バッグとも言われています。日本人男性の間では普通ですが、海外で特にすごくおしゃれな物を毎日使用しているとゲイだと影で疑われることがあります。

  • スキニーパンツ

これは海外と一概にはいえず、国によって男性のスキニーパンツが流行っているところと流行っていないところがあるので、事前調査が必要です。アメリカやヨーロッパ、日本と韓国以外のアジアのほとんどの国ではスキニーパンツはゲイパンツだという概念が強いですが、例えばアイルランドなどでは現在ぴちぴちの男性のパンツも流行っています。

  • とにかく全体的におしゃれすぎる

日本人男子のファッションは欧州からすると、靴、髪型、バッグ、財布、アクセサリーまで全てに気を使いすぎていると思われています。そのおしゃれすぎるファッションゆえにゲイだと思われてしまうのです。海外に行く際は、もうちょっとラフな格好の方が周りも近づきやすいでしょう。

最後に

女性、男性、それぞれ日本のファッションは海外から見ると少し独特で、他の国に比べると気を使いすぎとも言えるでしょう。

特に男性の方は、海外に出る際はおしゃれは控えめにしましょう。女性の方は、いつものキュートなスタイルから海外に行くときは少しクールなスタイルに変えてみるのはどうでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

Haruna

Jobby初代立ち上げメンバー。学生時代の3年間をヨーロッパやアメリカで過ごす。趣味は格闘技、筋トレ、美味しいもの巡り。4人兄弟、飼ってた猫は4匹と犬1匹。主に海外、英会話、旅行、社会に関する情報を発信。