アルカイックスマイルによる一目惚れの作り方

アルカイックスマイルをマスターすれば一目惚れをさせられる?

話が下手、会話をするのが怖い、雑談に自信が無いなんて大学生は沢山いるのではないでしょうか。でも実は、このような人も、とても簡単に相手を惚れさせることができるんです。今回は、口下手な人でもモテて、「一目惚れ」をさせることのできる方法をご紹介します。

◆モテる人の特徴は「話を聞いてくれる人」

スクリーンショット 2017-02-23 14.00.55

モテる人や好かれる人の圧倒的な特徴は、話を聞いてくれる人です。同性同士の場合においては、親密になるための一番の秘訣は会話が面白い、話していて楽しいと相手に感じさせることです。しかし、異性との交際や社交では話を聞いてくれる人がダントツでモテます。

人は好きな人に自分の話をしたがります。子供が親の前で一日あった出来事をすべて話したがるように、秘密が無くなるという意味で男女とも好きな人の前ではおしゃべりになります。

反対に、男女ともに「相手は自分に興味が無いのだ」と感じるのは、相手が自分の話を聞いてくれない、または自分のことしか話さないからという答えが恋愛に関するアンケートに出ています。つまり、会話が下手で話に自信が無い、雑談ができないとコンプレックスがある人は、実はもうすでにモテの基礎ができていて、「モテ候補生」と言っても過言ではないのです。

★一目惚れをさせる方法

相手に一目惚れをさせるには、最低限の外見的な用意が必要です。「自分には外見に自信がないから・・」と気負う必要はありません。以下のような最低限の当たり前の外見に気を使うだけで良いのです。

  • 清潔であること(爪、髪、靴は手入れされていること)
  • 額が出ていること(目が見えること)
  • 姿勢が良いこと

この3つだけで一目惚れをさせる準備の一つが整います。

★アクション

最低限の外見的な用意をした後は、こちらからアクションを行う必要があります。「え?自分からアクションをするの・・」と思った方、以下のアクションは誰にでもできることなので、一目惚れをさせるために意識をしてみて下さい。

  1. アルカイックスマイル(軽い微笑)
  2. 5秒間相手の視線を受け止める
  3. 笑顔はそのまま、視線だけを5秒下げ、微笑みながら相手の視線を捕らえる

微笑みながら誰かの視線を受け止め、恥ずかしそうに視線を下げ、また視線を受け止める、この一連のアクションを繰り返すことで、まず相手に柔らかな印象を与えることができます。

そしてさらにこの一連のアクションは不思議と相手が自分を意識するようになり、そばに近寄ってくるのです。しかし、ターゲットを一人に絞ってはいけません。どんな時も誰に対しても微笑んでいると、誰でもあなたに好印象を持つようになりますよ。是非これを継続してみてください。

◆ミステリアスな雰囲気は人を惹きつける

スクリーンショット 2017-02-23 14.00.09

相手はあなたの視線を受けると「なんだろう」と気になり始めます。そうなったら、あなたのことが気になってしまい、頭から離れなくなるのです。

人はいつもと違うことがあると気になってしまうものです。淡々と過ぎていく日常も、一度アレっと感じると「なんでだろう」と常に考えてしまうようになります。あなたからの微笑みや視線を感じるといつもとは違う状況に「なんでだろう」と考え始めてしまう。意識し始めてしまうのです。

相手が「この人をもっと知りたい」という欲を感じたら、何とかしてあなたの気持ちを聞きたいとそばに寄ってきます。人は答えが出ないことに対してはとても貪欲です。自分の欲しい答えの為に、無我夢中で知る努力をします。つまり、口下手というのはマイナスではなく、にこにこして何も言わなければ、自分からガツガツとお話ししなければ、あなたのミステリアスな雰囲気に惹かれていくのです。

これが人気者の秘訣です。

常にアルカイックスマイルで居ると、確実に人から好かれます。そして、一目惚れの視線を送り、ミステリアスさを醸し出しましょう。

◆まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は相手に一目惚れをさせるテクニックと原理をご紹介いたしました。以下のような人が嫌う事柄を排除し、アルカイックスマイル(静かに微笑む)だけで周囲はあなたに一目惚れしていきますよ。

  • うるさい
  • 汚い
  • 危ない
  • 臭い

これからの大学生活、最低限の外的要因を排除し、アルカイックスマイルを意識してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

坂本悠貴

1992年生まれ。北海道出身。中央大学商学部を卒業し、現在株式会社アッドラストで1年目から、メディア事業部部長と人事責任者を兼任。現在、デキる学生御用達メディア「Jobby」を運営。大学生のマーケティングチーム「Jobby調査隊」を発足し、大学生向けのプロデュース事業などを手がける予定。