女子大生が語る 日本人と欧米人の恋愛観とセックスに対する価値観の違いとは

欧米人の恋愛観、ここが違う

皆さんは欧米人の恋愛の価値観、恋人の関係についてどんなイメージを持っていますか?女性であれば海外の映画のような素敵なラブストーリーに一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。男性であれば、海外の“恋愛に積極的な女性”のイメージに対して好みは分かれるのでは?またロマンチックなイメージが強い一方で、浮気が多い、軽い、などマイナスな印象がある人も多いでしょう。

色々なイメージがある中、気になるその実態についてアメリカやヨーロッパで大学時代を過ごした筆者が日本人と欧米人の恋愛観の違いについて超リアルなところを解説していきたいと思います。

恋人の定義

“付き合う”の始まりは?

日本人はまずお互いの好きの気持ちを確認しあい、お付き合い宣言をして初めて手を繋いでデートに行ったりすることが一般ですね。最近では時代の変化でフライングも多いようですが、あくまでもお付き合い宣言第一が“正”とされていることです。

一方で欧米文化では付き合う宣言はしないで、なんとなく付き合っていくらしいというのが私たちのイメージです。でもこれ、実は間違い。欧米人も関係性をしっかりと口語で確認し合います。しかし日本人と大きく違うところは、付き合うまでの過程でデート、キス、セックス、全てを重ね、さて、色々やったけどそろそろ付き合う?という話になります。付き合おうと断言していない時点ではまだ付き合ってはいないので、他の子と同時進行でデートしたりするのもアリだったりするのです。

日本人の感覚では考えられないかもしれませんが、欧米男性は魅力がありモテる女性が好きなので、自分の狙っている女性が他の男性とデートしていることを知ると余計に燃えるそうです。逆に女性が気になる男性の他の彼女候補を知ってしまうと、失望してしまうことが多いので男性は是非一途に頑張りましょう。色々とお互いを検証した結果「やっぱり付き合うのは違うね」となって、そのままバイバイのケースも決して珍しくありません。

恋人の価値

日本人にとって、まだ結婚もしていない恋人はあくまで“今だけかもしれない恋人”であって、親や親戚にわざわざ紹介することもあまりないでしょう。自分が呼ばれたパーティにはもちろん恋人は連れていかず、自分とその友達だけで楽しもうとします。彼氏彼女に黙って、行って欲しくないと思われる飲み会に秘密で行ったりする人も多いのではないでしょうか?

欧米人にとって、恋人は家族も同様です。家族だけでなく、祖父祖母にも紹介します。自分が呼ばれたパーティにも恋人はほぼ必ず同行。結婚式の招待状にも、プラスワン(パートナーがいる人は、連れてきていいよ)という項目があったり、恋人をとにかく大事にする文化があります。また日本人に多い、「彼氏が欲しいなあ」と恋人という存在だけを求める考えはなく、恋人はいなくていいものだと考えるシングルの方が多いです。“恋人”というのは自分の自由を奪うめんどくさいものでもあって、そのめんどくさいものを価値のある時間に変えてくれる人でなければ付き合う意味がない、という考え方です。そのため、シングルの自由を捨ててまでこの人と付き合う、と決めた相手はとにかく大事な人なのです。

セックスに対する価値観

恋人間でのセックス

日本ではアニメや日本独特の男性向けポルノの影響も強くあるせいか、カップルで積極的にお仕事をするのは男性で、女性は逆に恥ずかしがった可愛い姿を見せる任務がある感じですね。それを男女共に好んでしているのかどうかは別として、女性にはセックス行為に対して積極的じゃない人が多いです。それどころか、その行為自体をあまり望んでいない人も多いことが現状です。日本人カップルの頻度は世界的に見てもかなり少ないと言われています。

一方で欧米人は男女ともにセックス大好きです。そして積極的で色気がある女性が、男性も大好きです。海外映画のように情熱的にバタバタとベッドへ倒れていく光景は本当で、セックスありきの恋人でしょう。日本人に多い、「見た目はタイプじゃないけど、性格が好きだから」という考えは欧米人にはありません。性格はもちろん、見た目も好きじゃないと、異性としての魅力を感じずセックスに燃えないので恋人関係は成立しないのです。

恋人以外でのセックス

日本人にとってセックスとは、「本当に大事な人とだけの、愛情のその先」だという概念が強いでしょう。しかし欧米、特にヌード文化の強いヨーロッパでは、セックスはちょっとしたスポーツや娯楽のようなものです。そこに愛情が無くても男女のお互いがそれでオッケーと思えばその行為は成り立つのです。

欧米人はチャラい?

彼らは本当に「チャラい」のでしょうか?その「チャラい」という定義が、女の子にすぐに声をかけ、色々進む段階が早い、というものならばおそらくチャラいのかもしれません。しかしそれは欧米文化ではいたって普通のこと。欧米人は自分に自身がある人が多いので、気になる人にはためらうことなく話しかけます。

また、可能性のない相手に時間と労力を費やするのは無駄だと考えるため、自分に興味がないと分かればさっさと諦め次へ進みます。そのため、「こないだまで私のこと狙ってたのに今はあの人?」なんてこともよくあります。

また大きく異なるのは、既に挙げたセックスへの価値観。恋人ではない他人もしくは友人間でのセックスは彼らの文化では別にチャラくも人に恥じることでも何とも無く、「ノリで寝ちゃったんだよねー」なんて話を聞くことは珍しくありません。一方で、欧米文化には日本でいう“思わせぶり”はあまり存在しません

欧米人はお互いに興味があるかないかをはっきりするので、行為を行う前に友達だけなのかその先があるのか、お互いの関係性は明白なはずです。そのため、その気がないのに遊ばれた!というトラブルもあまり無く、あったとしたら欧米文化でもそれは本当に最低な人間だとみなされます。

終わりに

学生時代数年間を欧米で過ごした筆者ですが、欧米人が恋愛に熱いことは確かで、映画やドラマのような恋愛もちゃんと存在することがわかりました。離婚率は日本と比べて高い欧米ですが、それは好きじゃ無くなったらすぐに別れるからです。無理して一緒にいようとする考えはなく、逆にいつまでたってもラブラブな夫婦はたくさん見かけます。今、国際恋愛真っ最中の人、勝手なイメージや文化の違いによる誤解をせず、相手の文化をちゃんと理解して、困惑がない楽しい恋愛にしましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

Haruna

Jobby初代立ち上げメンバー。学生時代の3年間をヨーロッパやアメリカで過ごす。趣味は格闘技、筋トレ、美味しいもの巡り。4人兄弟、飼ってた猫は4匹と犬1匹。主に海外、英会話、旅行、社会に関する情報を発信。