どこからが浮気?男女で分かれる浮気の線引き。

浮気 デート メール

「浮気したつもりはなかった」

浮気の線引きは人それぞれですよね。メールをしただけ、食事に行っただけ、手をつないだというだけでも浮気だと決めつける人はたくさんいます。

また、男女でも浮気の線引きは大きく異なります。

男性は浮気を本命とは別物として考え、軽い気持ちが多いのに対し、女性は浮気が本気になることが多いです。

本当に好きな相手であれば、どんな小さな浮気の行為でも男女関係なくとても辛く、心が傷付きます。特に女性は、一度許せても「また浮気されるのではないか」と日々怯えることもあります。

「浮気のつもりではない」「これは明らかに浮気」と意見が食い違う男女に向けて、浮気だと考える線引きについての意見をご紹介します。

浮気のそれぞれの線引きについて

浮気 デート メール

デートを浮気と考える方の理由

デートと言う呼び名自体が、やましい関係になっていると考えることもできます。

「一緒に遊びに行こう」と「デートしよう」では全然受け取り方が違ってきます。

男女ともに「デートしよう」と誘われたら、ドキッとしますし、脈アリだと思ってしまいます。特に計算高い人はデートという言葉を使って、気を惹こうとする人もます。男性に多いようです。

デートは、ただ二人で遊びに行くということだけではありません。デートの裏側には、二人で遊ぶ以外にそのデート中に手をつなぐ、キスをするということも含まれているのでデートを浮気と考える人がいます。

キスを浮気と考える方の理由

キスは一般的に浮気の線引きで多いのではないでしょうか。
キスをしてしまうともう後には引けなくなることが多いです。

キスをしてしまうと、そのあとはキスだけでは済まないこともあり、多くの女性はそれを知っているからこそキスが浮気の線引きとする人がいます。

特に女性はキスをしてしまうと、気持ちが入りやすくなり、それが優しいキスや優しい言葉をかけられたりすると余計に気持ちが高ぶります。

逆に男性はキスだけだと浮気と考えない人が多いようです。浮気者の男性の性質上、キスは挨拶代わりで「これからよろしくね」というような軽々しいものです。

キスを浮気と考える人は、キスだけでは済まされていないことを心配してそれ以上のことを考えてしまい、怯えるわけです。

メールを浮気と考える方の理由

メールを浮気と考える人はいろんな項目の中でも一番少ないです。
大げさかもしれませんが、メールもちゃんとした浮気という人がいます。

メールは直接的に対面しないので浮気とは言い難いですが、メールは一番素直に気持ちを伝えられます。

本音が言えるからこそ心の浮気に繋がり、実はこの心の浮気が一番厄介だったりします。

心が入ってしまうと、本気の恋になってしまい、メールだけでは済まされなくなってきます。

また、メールで浮気を暴いたという人も多いでしょう。メールでどんなやり取りをしているのかが気になるからです。

特に女性の方が圧倒的にメールをするだけでも浮気だという人が多いです。

メールで駆け引きをしてみたり、絵文字を駆使してみたり、メールでもドキドキすることがあるのを女性は知っているのです。

女性と男性では浮気の線引きは違う?

浮気 デート メール

女性と男性では浮気の線引きは違います。

女性はささいなことでも浮気だと考えます。気持ちが入りやすいからです。
一方男性は、キス以上からが浮気だと思う人がほとんどでしょう。

やはりここは女性と男性の性質の違いからくることだと思います。

浮気者の人にはメールやデートは浮気のうちに入りません。
また、男性の浮気は数をこなすことが多く、女性の浮気は一つの浮気に対してじっくり向き合うので、浮気の仕方も全く違います。

このことから、男女の浮気の線引きは違ってくると言えます。

浮気に怯える

浮気 デート メール

特に女性は浮気をされると、一度は許しても「またされるのではないか」と浮気に怯えることがあります。男性はきっぱり別れるひとが多いとよく聞きますが、女性の場合は好きだと許してしまうんですね。

でも、浮気をされると常に相手の行動が気になり、1日中そのことを考えてしまうこともあります。男性に「どこに行っていたの?」「誰と行っていたの?」と聞くようになり、浮気に怯えてしまうとお互いにとって付き合っていくのがしんどくなってきます。

まとめ

浮気の線引きは、男女それぞれなので付き合う前に確認しておいて釘を刺しておくのも手かもしれません。

相手がいるからこそ浮気はスリルがあって興奮するのが楽しいのでやめられません。なので、どこからが浮気でどこからが浮気ではないのかの線引きが甘くなってきているのも現状かもしれませんね。

浮気 デート メール

ABOUTこの記事をかいた人

慶應義塾大学1年生。お笑いを見るのが好きで仕方がない。一番好きな芸人はさまぁ~ず。「自由に生きる」がモットー。そのために必要な自己管理能力が足りないのでなんとか磨かねば。画像のパスタは自分で作りました。自炊がんばっております。