女子大生の私が巡った韓国のオススメカフェを紹介!

現役女子大生がオススメする韓国女子旅!

最近大人気の韓国女子旅。
国内旅行よりも安く行けることや、インスタ映えする可愛いくておしゃれなスポットやカフェが多いことから、女子旅に大人気です。
今回は、筆者が実際に韓国旅行でソウルに訪れた時のオススメしたい宿泊施設カフェを紹介させていただきます。

宿泊施設 は『202 HouseSeoulStation』がオススメ!

ソウル駅15番出口を出たら、通りを挟んで向かい側にあるのが『202 House Seoul Station』
カカオトークのアドレスを教えると、ソウル駅で電車を降りてからの詳しい道順を画像と共に送ってくれるので、方向音痴の私でも迷わずに到着できました。
到着してからもスタッフが部屋まで案内してくれ、鍵の掛け方や施設の案内など丁寧に教えてくれるので安心です。
客室は清潔感があり、アメニティも充実していてとても過ごしやすく、無料Wi‐Fiが館内全域に完備されているのは嬉しいポイント。
そして、何より嬉しいのがこの安さ!

 大人2名(1泊) ¥9,173
 大人3名(1泊) ¥10,612
 大人4名(1泊) ¥12,069
(8月28日時点のレート)

4人で泊まれば1人当たり約3,000円。近くの宿泊施設と比べてもかなりリーズナブルです。

 

ソウル最大の繁華街『明洞』オススメのカフェ

『202 HouseSeoulStation』でチェックインを済ませ荷物を置いたら、ソウル駅から地下鉄で二駅の『明洞』へ!
明洞はコスメ、ファッション、グルメ、全てが集結しているソウル最大の繁華街です。
まず外せないおすすめのカフェは『CAFE DE PARIS』です。

『CAFE DE PARIS』

【住所】ソウル特別市 中区 忠武路2街 66-5, 明洞バラアイスクリーム2~3F
【営業時間】 10:00~24:00(ラストオーダー23:30)

左から、ラズベリーボンボン、マンゴーボンボン、ストロベリーボンボン

なんと約20㎝もあるボンボンシリーズは、旬のフルーツがたっぷり入っていて大満足のデザートです。
スムージーや生クリームが層になっています。

<明洞店ボンボンシリーズ販売時期目安>
マンゴー:オールシーズン
イチゴ:11月から最長5月頃まで
チェリー:6月から9月頃まで
ラズベリー:5月から6月頃まで
マスカット:8月から10月末頃まで
※上質なフルーツの仕入れが難しい場合は、上記該当時期でも予告なく販売を休止する場合があります。

セレクトショップやカフェが軒を連ねる『カロスキル』

明洞駅から地下鉄で約20分の新沙駅から、5分程歩いたところにあります。とてもおしゃれなエリアです。
ハイセンスなセレクトショップやカフェが軒を連ね、最高にテンションが上がります!
ここでおすすめのカフェは『DIRE ART VILLAGE』と『REMICONE』です。

『DORE ART VILLAGE』

【住所】ソウル特別市 江南区 新沙洞 544-4
【営業時間】10:00~23:00(ラストオーダー22:50) ※旧正月・秋夕(チュソク)は変更の可能性あり

2014年に「DORE DORE 新沙(シンサ)店」としてオープンし、2017年2月にリニューアルしました。
レインボーケーキの元祖!インスタ映えはNo.1ですね。
それだけではなく、味もとても美味しいです。ふわふわのシフォンケーキと生クリームの口どけが絶妙です!

『REMICONE』

【住所】ソウル特別市 江南区 新沙洞 547-12
【営業時間】11:00~22:00(ラストオーダー 特になし)

サンダーボム

映画「チャーリーとチョコレート工場」をモチーフにしたアイスクリーム専門店
1番人気のサンダーボムは、ソフトクリームにパチパチする飴とミント味のわたあめがトッピングされていて、その名の通り雷を連想させます。美味しくて楽しいデザートです!

最後に

100ウォン=約10円なので、韓国で表示されている値段の10分の1が日本円ということになります。
レート換算が簡単なので、買い物がしやすいです。

韓国にはカフェが多く、また商品の見た目はもちろん、お店の外観や内装にもこだわっているのが印象的でした。
ついつい写真を撮りたくなってしまいます。
女子旅にはぴったりだと思うので、是非韓国で素敵な思い出を作って下さい!