家族に迷惑が!大学生のアルバイト。103万・130万の扶養控除の壁とは?

家族の保険にも影響?税金が変わる!103万・130万と言われる扶養の範囲とは

 

出典:https://www.pakutaso.com/20111212353post-1015.html

出典:https://www.pakutaso.com/20111212353post-1015.html


大学生の皆さんは、大学に通いながらアルバイトをしてお金を稼いでいる方が多いとおもいます。中には、幾つものアルバイトを掛け持ちして多額のお給料をもらっている方もいるのではないでしょうか。筆者も、そんな大学生アルバイターの1人です。

アルバイトをしていると、「103万の壁」「130万の壁」「扶養控除」「税金が…」「扶養が外れるからこれ以上働けない」なんて言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか?これらが一体何なのか、よくわからない人も多いのではないかと思います。そんな大学生アルバイターの疑問を解決すべく、この記事では分かりやすく解説していきたいと思います。「扶養について、疑問を抱いている!よくわからない!」という大学生アルバイターは必見です!

扶養・控除ってそもそも何?


 

出典:https://www.pakutaso.com/20150842216post-5845.html

出典:https://www.pakutaso.com/20150842216post-5845.html


そもそも「扶養」とは、独立して生活を営めない者の生活を他者が助けるといった意味合いをもっています。つまり、大体の大学生は、親の扶養に入っているということになるのです。そして、アルバイトで稼ぎすぎてしまうと、その親の扶養から外れてしまいます。では、親の扶養に入っていると、どんなことが起こるのでしょうか。

まず前提として、働いて得た所得には税金がかかりますが、日本では65万円以下は控除されているため、年間収入65万円以下の人は所得が0とみなされて税金はかからないということを頭に入れておいてください。

そして親の扶養に入っていると、扶養控除というシステムが取られます。学生は、「年間収入103万円以下の場合」、「103万円以上130万円以下」、「130万円以上」と、年間収入によって場合分けされています。以下、その詳しい説明をしていこうと思います。

年間収入103万円以下の場合

日本では年間収入が103万円以下の場合、所得税を払う必要がないので、扶養控除により税金負担はなくなります。何故103万円なのでしょうか?

扶養控除適用となる扶養親族の条件として、「年間所得の合計が38万円以下であること」という条件があります。先述の通り、もともと「所得65万円以下=年収0」とみなされるため、65+38=103万円という値が出るのです。ですから、誰かの扶養に入っている場合、年間収入を103万円以内に収めて働くことが、まず最も安全な働き方ということになるのです。

年間収入103万円以上130万円以下の場合

次に、年間収入103万円以上130万円以下の場合について説明していきたいと思います。よく聞く「103万円の壁」を超えると、一体何が起こるのでしょうか。

まず、年間収入103万円を超えたことで扶養から外れると、本来であれば所得税を払わなければなりません。しかし学生には、年間収入130万円まで、「勤労学生控除」という制度が取られるため、所得税がかからない。のです。これは、年間所得82万円以下が対象となってくるので、82+38=130万円という値が出るのです。「じゃあ、130万円まで稼いでも大丈夫なんじゃん!」と思った人、甘いですよ!

親の扶養を外れてしまった場合、親の税金が増えてしまいます。親がお金持の人や、寛大な親を持っている人はいいのかもしれませんが、大体の人は怒られてしまいますね。親の所得によってその具体的な額は変わりますが、数万円で済む話ではないのです。
ですから、親に負担をかけたくないのであれば、103 万円以下で収めるべきなのです。

年間収入130万円以上の場合

最後に、年間収入130万円を超えるとどうなるのか、説明したいと思います。

まず、勤労学生控除の対象外になってしまうため、学生本人に所得税がかかってきます。そして、国民健康保険にも自分で加入しなければならなくなるので、保険料もかかってきます。それだけではありません。学生であることによって免除されている、住民税国民年金の納税義務も生じます。全部合わせるとかなりの額になってしまいます。

うっかり130万円を超えてしまったがために、稼いでいるにもかかわらず納税に追われて自由に使えるお金が減ってしまうなんてパターンもあるのです。ですから、年間収入130万円を超えるのであれば、130万円を大幅に超えた額を稼ぐ必要が出てくるのです。

いかがでしたか?


 

出典:https://www.pakutaso.com/20160224057post-7082.html

出典:https://www.pakutaso.com/20160224057post-7082.html


学生のアルバイトには、このように様々な壁が立ちはだかります。自分はどこまで稼いでいいのか、それは、各家庭の状況や、自分の生活スタイルによっても変わってきます。よって、家族としっかり相談して自分の働き方を考え、しっかり収入をコントロールする、ということが必要不可欠です。そうして、自分のお金周りのことを考えることが、学生が大人になるための一歩になるのではないでしょうか。

たくさんのお金を稼いで自分のために使いたい、という考えは皆共通して持っていると思いますが、しっかり考えて、日々のアルバイトに生かしていきましょう!




最新の記事はこちら