【時事ネタ】大学生なら知っておきたい!豊洲市場移転問題とは

大人なら知らなければ恥ずかしい時事問題

みなさんは築地市場の豊洲への移転が決まったのはいつだかご存知でしょうか?実は、豊洲への移転が決まったのは2001年のことです。しかし、去年から豊洲への移転が話題になり始め、土壌汚染がどうだとか、移転をするしないという話で大いに議論を呼んでいます。そして2016年8月、東京都知事の小池百合子さんが豊洲市場への移転の延期を表明しました。では、いつになったら豊洲への移転はされるのか、何が問題だったのかというところを、わかりやすく整理して、お伝えしようと思います。

豊洲市場問題とは

1,なぜ豊洲市場に移転することになったの?

そもそも、なぜ築地にあった市場を豊洲に移転することになったのかというと、今でもたくさんの人で賑わっている築地市場ですが、開設されてから80年以上の月日が流れたこともあり、施設の老朽化が進んでいます。それだけでなく、昔の基準で作られたために、商品の品質や鮮度の管理が難しかったり、一度行ったことがあればわかると思うのですが敷地の狭さゆえの作業の非効率性が問題視されているのです。そこで新たに、敷地が広く、交通の便も良い豊洲に市場を移転しようという話が出てきたのでした。

2,じゃあ何が問題だったの?

では移転しましょうと決めればすぐに移せるのかといえばそんなことは無く、移転するに当たり豊洲では様々な調査が行われました。その結果、出るわ出るわと様々な問題が浮き彫りになったのです。

移転の背景

①土壌問題

そもそも、豊洲は東京ガスのガス製造工場だったということもあり、2008年の調査で、基準値の43,000倍ものベンゼンという発がん性物質が検出されてしまいました。その後、土壌汚染工事を行い、一時はベンゼンは基準値以下になったとされましたが、その後の小池百合子知事の元の調査では基準値の約100倍のベンゼンが検出された他、シアンやヒ素といった有害物質が新たに検出されることとなりました。

②消えた予算問題

先ほどお伝えしたように、ベンゼンが検出されたことを受けた石原慎太郎元都知事は、盛り土などの土壌汚染対策工事をすることにし、約850億円の予算を立てました。そして工事は2014年に完了したとのことでした。そして2016年11月に豊洲市場を開場する、ということでしたがそこに待ったをかけたのが小池百合子知事です。再び調査をすると、なんと盛り土をされたはずの場所が、空洞になっていたのです。ではこの予算は一体どうなったのか、というのがもう一つの問題です。

では次に豊洲移転に対する、私たちにも関わってくる課題をお伝えしようと思います。

問題の所在

①食品衛生の問題

基準値以上のベンゼンが検出されたとはお伝えしましたが、基準値とは何の基準なのでしょうか?答えは「1日2Lを70年間飲み続けた場合に健康に影響がない」基準です。当然ですが、豊洲の地下水は直接飲むことも、そこで魚を養殖するなんてこともありません。100倍とはいえども、飲むわけじゃないし今の築地よりは衛生管理できるのではないかとすら言われています。しかし、豊洲は元々ガス工場だったという事実もありますので、衛生的には問題なくても気持ち的には少し嫌ですよね。お墓の跡地に家を建てて住むのは抵抗があるというようなそんな感覚です。

②費用の問題

ここでもし、豊洲市場を移転しないという決断を下すと、新たに築地市場を整備し直す費用が掛かることにことになってしまいます。豊洲市場はほぼ完成間近なことを考えると、改めて大きな金額の税金を投入することになってしまうわけですね。そうなると、税金を払っている私たちにも多少はそのツケが回ってくるのではないでしょうか。

***

いかがだったでしょうか?これらを踏まえると、豊洲市場への移転はほぼやめることはできないのではないかと感じさせられます。しかし、豊洲市場に移転するのであれば、都民にしっかりと安全であり、健康には問題ないということを証明する義務があるのではないでしょうか。ちなみに、朝日新聞の世論調査によると、国民の55%が築地市場の豊洲移転を目指すべきだと考え、68%の国民がさらに安全対策をとった上で移転するべきだと考えています。過半数は賛成しているとはいえ、安全対策を必要とする声は大きいのでしっかりと国民の理解を得た上で移転を行ってもらいたいですね!

参考:
豊洲、ベンゼン100倍なぜ?――飲み水の基準では高濃度、石原氏「厳しすぎたかも」(Q&A)
2017/03/22 日本経済新聞 朝刊 43ページ 861文字

石原氏証人喚問、主なやりとり――知事として決裁、責任、地下水、基準厳しすぎた。
2017/03/21 日本経済新聞 朝刊 38ページ 1458文字

築地市場の豊洲移転問題
2017年4月9日02時18分朝日新聞デジタルhttp://www.asahi.com/special/timeline/tsukiji-to-toyosu/

The following two tabs change content below.
ならっち

ならっち

上京3年目の高学歴ライター。 ひとり暮らしのハウツーから時事問題まで幅広く情報を発信。