塾講師にも種類がいろいろ。4年目ベテラン塾講師が評価した!最もいい教育系バイトって!?

塾講師の種類別メリットとは

4月になり、新年度の時期。アルバイトを探している大学生は多いのではないでしょうか。そんな方々のために、某大手進学塾のティーチングアシスタント(以下TA)を4年間している筆者が、教育系アルバイトの特徴を

・給料

・シフト柔軟性

・その他付加価値

の3つの観点から評価していきます!

認識すべきこと

評価する前に認識しておくべきことが2つあります。まずは教育系バイトと言っても、少なくとも5種類は存在するということです。

  1. 個別指導(中学生以下〜高校生)
  2. 集団授業(中学生以下)
  3. 集団授業(大学受験)
  4. 家庭教師
  5. チューター・TA

以上の5つが存在し、中学生対象の塾や高校生対象の予備校などでは、難易度とそれに対する対価が変わってきます。

そして次に、時給かコマ給かです。コマ給の場合、授業以外に事務作業や予習、報告等で約30〜90分拘束されることがあります。

これらを認識したところで早速評価していきしょう!

給料

個別指導/時給約1000〜1500円

大手塾や個人経営塾によって様々だが、授業準備の時間は対価を得られないことが多い。集団よりは楽かもしれないが、あまり割りに合わないかも…?

集団授業(中学生)/コマ給約2000〜2500円

コマ給の場合授業準備は時給換算900〜1200円程度に落ちてしまうのが難点。

集団授業(高校生)/コマ給約3000〜5000円

高校生対象となるとコマ給に加え、時給1000円とかなり高額だが、その分授業の難しさはもちろん、学校のカリキュラムに合わせたり、受験用にしたりと非常に難しい仕事に。

家庭教師/時給約1500〜3000円

家庭教師の会社に登録していると何割かもっていかれるが、独立するとかなり高額な時給設定も可能に。

チューター・TA/時給約1000〜1300円

基本的に1000円前後の給料。他に比べ、少し物足りない気もするが、仕事内容(事務作業多め)を考えたら意外と高い。

 

シフト柔軟性

個別指導/★★★☆☆

基本的に曜日を固定した上でのシフト制というところが多く、休む場合は代わりを見つけてからといった感じ。柔軟性としては申し分なし。

集団授業(中学生)/☆☆☆☆☆

ほぼ皆無。曜日制で固定されており、自分一人が休むと休講となり、どんどん授業が後ろ倒しに。

集団授業(高校生)/☆☆☆☆☆

中学生以下対象と同じで柔軟性はゼロ。特に高校3年生を持ってしまうと特別講座などにも呼ばれるなど、融通のきかなさは随一。

家庭教師/★★☆☆☆

基本的には個人との兼ね合いなので、なんとも言えないが、自分が休めば代わりがいないということを忘れてはいけない。

チューター・TA/★★★★☆

補習の代わりなどを見つけるだけで直前に変更可能で、直前にシフトを追加することも可能な場所もある。

付加価値

個別指導/同僚

講師はほぼ大学生なので、友達もできやすく、非常に働きやすい環境。

集団授業(中学生)/総合力&達成感

わかりやすく説明したり、コミュニケーション力が上がったりと総合力が育てられるという点は非常に高い評価。

集団授業(高校生)/総合力&達成感

高3生を持つとプレッシャーがかかりますが、乗り越え受験を成功させた向こう側には大きな達成感と感動が待っている。

家庭教師/食事

家族と仲良くなればご飯や遊びに連れていってくれることがある。その一方驚くような家庭もあり混乱が生じることも!?

チューター・TA/同僚&勉強

元生徒がなるケースが多く、最初から気持ち良く働ける環境であることがほとんど。補習は1教科ではなく複数教科やるので、せっかく大学受験で得た知識を忘れないというのもメリット。

 

総合評価(オススメ度 5段階評価)

個別指導/3.0

給料が拘束時間に見合わなかったり、意外とシフトに入れてもらえなかったりと、マイナス面も多い。

集団授業(中学生)/2.8

高校生対象の集団授業よりは、比較的楽でオススメできる。しかし、給料も付加価値も特出した部分はない。

集団授業(高校生)/2.0

総合的に見て最も成長できる。しかし、最初は授業を持してもらえないなど稼ぐこともできず、シフトの柔軟性も皆無。加えて授業やその他事務作業も大変なため、本当にやりたいと思っている方にしかオススメできない。

家庭教師/4.5

給料も非常に高く、家の中で教えられることから高評価に。またやっていることも個別指導と変わらないので、経験も得ることができる。いわゆる神バイト。

チューター・TA/4.0

人間関係的満足度が非常に高い職場。講師よりも生徒に近いので、入塾や退塾に直接関係することも。また仕事に多様性があり、他にはないやりがいがある。元生徒のみしか受け付けていないところが多いため、今からは難しいとして家庭教師に劣る結果に。

 

***

いかがでしたでしょうか。今から教育系アルバイトを考えている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

筆者が働いているところでは、飲み会はもちろん、キャンプ、スノボ、ウォーターラン、スポッチャオール、花見などイベントごとが盛りだくさんで、普通と比べてもかなり楽しく働きやすい傾向にあると感じています。こういったバイトを見つけられると楽しい学生生活が送れますね。
また高校生と関わるという点で男性陣には嬉しい!合法的にJKと絡めます!(決してこれが目的で始めたわけではありません!)
アルバイトはものによっては時間=お金という感覚が強いですが、教育系バイトは

  • プレゼン力の上昇
  • コミュニケーション力の上昇
  • 年下(顧客)との関わり
  • 学問の継続
  • 達成感や感動
  • 人の人生に少なからず直接関わる

といった点でお金では代えられないものが手に入ります。お金やシフト、楽しさだけでなく、自己投資の意味でも非常に優れたアルバイトかもしれません。是非皆さんも教育系アルバイトを検討してみてはいかがでしょうか。




最新の記事はこちら