第18回APO総選挙 VP選出メンバー特集~近畿大学3回生 森さん~

第18回APO総選挙が行われた。

2018年3月、第18回APO総選挙表彰式がSHIBUYA WOMB(東京・渋谷)で開催された。今回はMARCHを中心に構成された関東の学生チームと、関関同立を中心に新たに2017年11月に結成された関西の学生チームとの東西大学対抗戦が行われたため、順当に古株の関東チームが勝つのか、大番狂わせがあるのかということが最も注目された。

APO総選挙とは↓↓↓

大学対抗のマーケティング大会?大学生の間で話題になっている「APOElection」とは?

そんな中、我々Jobby取材陣はある男子学生に注目した。
近畿大学新3回生の森晋乃介である。

彼は昨年12月に入社した新しいメンバーながら、今回のAPO総選挙で「最優秀新人賞」「VP賞」という輝かしいタイトルを2つも獲得したゴールデンルーキーである。

20歳の学生なのにも関わらず、ストイックにマーケティングを極める彼を支えるモチベーションの根源は何なのか。我々はは直接彼を取材して、彼の努力の源を突き止めた。

誰よりも負けず嫌い

ー3月に行われたAPO総選挙、表彰された感想はいかがですか?
そうですねぇ、やっぱり努力は嘘をつかないってことが証明できたかなと思います(笑)

ーそうですか。でも、大阪に支社が立ち上がってから間もない状態で、
 よくすぐに良い成績を残せましたね。
確かに、ゼロからのスタートだったので、難しさはありましたね、自分が見習うべきお手本もありませんでしたし、実践的なマーケティングは初めてだったので。でもそんな中で3か月貫き通したバイブスといいますか、モチベーションはただただ“目立ちたい゛というものでしたね。僕は目立ちたがり屋で負けず嫌いなので。

ー負けず嫌いなんですね。やはりマーケティングには”負けず嫌いな
 精神”が必要なのですか?
自分の場合は、負けず嫌いを超えてただのサイコパスかもしれませんね。小さい頃から、友達と楽しくゲームで遊んでいても、自分が勝つまで辞めず、周りの友達に門限が来ても家に返さなかったりしましたからね。ほら、あれですスマブラ(笑)!!

お互いに競い合える環境があった

ースマブラ懐かしいですね。(笑)ところで、あなたにとってAPO総選挙とは何ですか
メンバーによって、捉え方は違うと思いますが、僕の場合は、自分の実力を試すにはもってこいの場所だと思います。

ーといいますと?
僕は今まで、いろんな団体で、お喋りやカリスマ性で自分が一番だと思っていました。ですが入社してから、東京チームの有望な学生を目の当たりにして、僕もまだまだだなと感じることになりました。そんなライバル達に刺激をもらえたからこそ、表彰台に立てたのかもしれません。

壮大な将来の夢

ーなるほど、そんな森君の将来の夢はなんですか?
起業をして、孫正義さんが作り上げたソフトバンクグループを超えるような会社を創りたいです。ブランド力があるといいますか、、影響力のある会社です。

ーなるほど!野心家ですね!
夢は大きいほうがいいですから

 

取材を終えて

取材中に深い内容を語りつつも、笑顔を絶やさない森君と喋っていると、Jobby取材陣も笑顔にさせられてしまう。だが、彼の言動から推測される、「決断力と判断力があり、一貫している人間像」を視ていると、敬意を抱くことなしで取材はできない
様々な一面を持っている多才な森君の将来には、Jobby取材陣も期待を寄せるばかりである。

APO総選挙に興味のある学生はコチラ
APO総選挙への協賛に興味のある企業はコチラ
大阪オフィスの日常→Twitter

 




最新の記事はこちら