新入生必見!後悔しない!大学のサークル選びのコツ

大学生活の大部分を占めるサークル

三月下旬、大学に進学も決まり、手続きも始まっている時期かと思います。そんな中、皆さんは大学で入るサークルについて考え始めているでしょうか。サークルとは、大学の中で学生主体で活動をしている団体のことを言います。さて、見出しにも書きました通り、このサークルは大学生活の大部分を占めることが多いです。授業でできた友達よりも同じサークルで日々同じ活動している友達の方が関わりが多くなるのは必然なので、サークル内の友達の方がより長い時間を共に過ごし、より濃い関係になることが多いです。

その大事なサークル選びですが、新一年生はまだ大学のことを右も左もわからない頃だと思います。そこで、今回はサークル選びで後悔しないように賢い選び方を教えようと思います。

サークルの種類とそれぞれのチェックポイント

一口にサークルといっても様々なサークルが存在します。ここでは代表的なサークルを紹介し、それぞれのチェックすべきポイントを挙げようと思います。

テニスサークル

まず一つはテニスサークル、俗にいうテニサーです。Twitterなどをみているとテニサーをけなすツイートが多かったりするので、あまりテニサーにいい印象を持っていない人もいるでしょう。しかし、テニサーにもいろいろあります。もちろん、「テニスのラケットを握るよりもビールジョッキを握る回数の方が多い」といったいわゆる飲みサーも存在します。(筆者も新歓期にテニサーにそういわれて勧誘されたことがあります。笑)その一方でまじめにテニスをしているサークルも存在します。では、どこでそれを見分ければいいのでしょうか。一つの判断材料としては練習の頻度です。これから新入生はビラを大量にもらうと思いますが、そのビラによく練習日程が書かれているのでチェックしてみましょう。練習日程が書いてなかったり、週1回とかだったりだと、飲みサーである可能性が高いです。逆に練習の頻度が多いとテニスをまじめにしているサークルの可能性が高いですね。

もうひとつの判断材料としては新歓コンパに参加して、そのコンパの雰囲気で判断できます。もし飲ませるコールを振ってくるサークルであれば飲みサーの可能性が高いですし、ノンアルならまじめな可能性が高いです。

せっかくテニサーに入っても飲み会ばっかりだったり、逆に飲みを期待してテニサーに入ったもののまったく飲み会が開かれないなどでは後悔してしまいますので、ぜひ上記のポイントをチェックしてみてください。

オールラウンドサークル

次にオーランサークルです。オーランとは、オールラウンドの意味です。オールラウンドとは、楽しいことはなんでもやろう!というサークルです。春はお花見、夏はBBQや海水浴、冬はスノボなどオールシーズンにそれぞれの楽しいことをしているという感じです。このサークルの特徴としては飲みが激しいというところですね。ですので、飲みが苦手な人はあまり向いてないかもしれません。しかし、オーランサークルにも種類があり、飲み会などあまり開かれないサークルもあるので、これもコンパに行ってみて、判断しましょう。

学生団体

次はサークルとはすこし違うのですが、学生団体というものがあります。サークルとの違いは、サークルは自分たちのしたいことを楽しくしているのに対し、学生団体は社会貢献に繋がることを楽しみながら行っているという点です。Jobby内には様々な学生団体が紹介されているので、是非参考にしてみてください。どこか固く、意識高い系というイメージを持ちがちな学生団体ですが、一概にそうとは言えません。

学生なのに学校建設!?それもラオスに!?

2016.11.09

学生団体で見るべきポイントはその団体の目標です。自分の興味ある目標でなくては、楽しくなく、続けることが苦痛になってしまいますのでしっかりと確認しましょう。

結局何が重要なポイントなの?

サークルの種類を紹介しましたが、すべてに共通してサークル選びの際にチェックすべきポイントがあります。

一番重要なのは「そのサークルの雰囲気」です。こればかりは実際にコンパに行ってみたりしないとわからないので積極的に新歓期に新歓イベントに参加してみましょう!入った後に雰囲気が思っていたのと違うからやめるという人は沢山います。

次に重要なのは「そのサークルの活動頻度」です。当たり前ですが、サークルに多くの時間を割こうと思っている人は活動頻度の多いサークルに入ることをオススメします。逆に自分の時間が多く欲しい人はあまり、活動頻度の高いサークルに入ることはあまりオススメしません。サークルにコミットしようとすると予想以上に多くの時間が取られるのでしっかりした前調べが必要となってきます。

また、意外と皆忘れがちなのが「そのサークルに所属することでかかる費用」です。部費が月1万かかるといったサークルもあるので、そのようなサークルに入ってしまうとお金がかかりすぎて首が回らない状態になりかねないのでしっかりと確認しましょう。新歓期にはあまり新入生にお金のことは話さないと思うので積極的に自分から聞きに行くと良いですね。

***

冒頭にも話したようにサークル選びは自分の大学4年間の生活を決めてしまうこともあるので慎重に決めたいですね。といっても、この時期、新一年生の皆さんはいろいろなサークルからあの手この手で勧誘される時期ですので、それもまた楽しんでいきましょう!




最新の記事はこちら