テニスサークルが何故「飲みサー」と言われているかと、真面目なテニサーと飲みサーとの判断基準。

飲みサーという印象を持たれやすいテニスサークル

皆さんはテニスサークルに対してどういったイメージを持っていますか?多くの人はテニスサークルに対して「遊んでそう、飲んでばかりいそう、実はテニスしていなさそう」と悪い印象を持っていると思います。実際そういったサークルも存在し、テニスサークルなのに合宿にテニスラケットを持って行かないサークルもあるとさえ言われるほどです。しかし中には真面目にテニスをする健全なサークルも数多く存在します。真面目にテニスをしているのにテニスサークルと一括りにされ遊んでいると思われ、苦い思いをした方も多いと思います。中高までは他のサッカーや野球などと一緒に良い印象を持たれていたはずなのになぜ大学に入った途端、テニスだけ悪者扱いになるのでしょうか?

また新入生の中にも真面目にテニスをしたいと思い、テニスサークルに入りたいという人はたくさんいるでしょう。新歓期はどのサークルも真面目な振りをして新入生を入れようとしてきます。しかしどのサークルが真面目でどこが飲みサーなのか中々判断がつけにくいと思います。そのため新入生は本当に真面目なテニスサークルか判断する方法を知っておくべきです。

なぜテニスサークル = チャラいなのか?

そもそも数あるサークルの中でなぜテニスサークルだけこれほど遊んでいる印象を持たれているのでしょうか?その原因はテニスというスポーツの特性にあります。

テニスは男女ともに部活動が活発であり、中高時代からの経験者が数多くいます。また未経験者に対しても敷居が低いスポーツであり男女一緒にプレーできるため、初心者や女子から人気です。そのため、出会い目的でテニスサークルに入ろうという人が多いのです。そういった人たちが多く集まったためにテニスをあまりせず、飲み会などのイベントばかり活発なサークルが数多くできてしまい、テニスサークル=チャラいという図式ができてしまったのではないでしょうか。

 チャラい印象から、自分がテニサーということを言い出しにくい

前述のようにテニスサークルは常に悪いイメージを持たれがちです。。テニスサークルに所属しているだけで「あいつは遊んでいる。」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか。そのため周りの人に自分がテニスサークルに入っていることを言い出しにくい雰囲気があると思います。

筆者も真面目なテニスサークルに所属しているのですが、高校の同期にテニスサークルに入ったことは言っておりません。テニスサークルに入ったということを伝えるのは中々勇気のいることになっています。周りの友達も親に言ってなかったり、初対面の時は言い出さないようにしたりしている人もいます。

飲みサーとの判断基準

最後にどうやったら真面目なサークルかどうか判断する方法を3つ紹介します。以下の4つの質問をサークルの先輩に質問してみてください。新入生の方はこの4つを基準にサークルを選ぶのをおススメします。また既にサークルに入っている方は、自分たちが真面目なサークルであることを説明したい場合にも使えますのでぜひご活用ください。

自分のテニスラケットを持っているか?

当然の質問ですが聞いてみましょう。テニスをする上でテニスラケットは必ず必要なものです。ラケットなしではテニスをすることは絶対にできません。きちんとテニスをするサークルなら必ず全員ラケットは持っているので聞いてみましょう。持っていない人は完全にテニス目的でサークルに入っていないということなので気を付けましょう。

経験者の数はどうか?

経験者の割合を聞いてみましょう。もし未経験者の割合が多ければ真面目でないサークルの可能性があります。しかし、前述のようにテニスというスポーツは初心者にも敷居が低く大学からちゃんとテニスを始めてみようとしてる人も多いです。そのため、初心者が多いサークルでも真面目なところは多いのでこれだけでは判断できません。

練習日程がちゃんとしているか?

次に練習日程を聞いてみましょう。飲みサーと呼ばれるようなサークルはそれこそ週1や月1程度の頻度でしか練習を行いません。逆にほぼ毎日テニスコートを取っているようなサークルは真面目にテニスをするところだと言えるので安心です。また練習風景の写真などあれば見せてもらえればより判断しやすいでしょう。

テニスの話をして盛り上がるか?

またテニスの話を振ってみましょう。真面目なサークルならテニスのことが好きな人ばかりのためテニスの話をしてみればすぐ話が盛り上がるはずです。しかし飲みサーではテニスを一切知らない人が多いためテニスの話をしても大して盛り上がらず、すぐ違う話に切り替えようとするはずです。

***

いかがでしたでしょうか?どの大学にも必ずあると言っても良いテニスサークルですがその印象は良くないものです。確かにテニスを全くせず飲んでばかりのところはありますが、全てのサークルがそういうわけではないということを覚えておきましょう。またこれからテニスサークルに入ろうとしている新入生は、サークル選びをする際は慎重に吟味して選ぶことをオススメします。