【童顔で悩む大学生へ】こんなメリットがあった!童顔で得するためには?

童顔は大いなる武器にある!

大学生のみなさんの中で、高校生に間違えられたりしたことがある方もいるのでは?
もちろん大学1年生になったばかりであれば無理もないでしょうが、顔が童顔過ぎることで普段高校生に見間違えられた事がある人もいるのではないでしょうか。

世の中には顔が童顔な大学生がたくさんいます。筆者も大学時代は童顔な大学生でした。
当時は童顔がコンプレックスでとても悩んでいた時期がありましたが、童顔には童顔の人にしかないメリットがたくさんあります。その後は童顔がコンプレックスでは無く武器に変わりました。

今回は筆者の大学時代の中で、童顔で得した事や損した事を基に「童顔のメリット・デメリット」「童顔としてプラスに生活をする為の心構え」についてご紹介していきます。

童顔で得したこと

  • どこに行っても若く見られる

童顔の方はどこへ行っても若く見られます。嫌な気持ちになる方もいるかもしれませんが、若く見られるという事はかなりのメリットです。
少し幼く見える服を着てもバッチリ似合いますし、若い人が使うお店にも入りやすくなります。

童顔である筆者にもこのメリットが生きた経験談があります。大学時代は中高生に人気なカードゲームにハマっていたのですが、カード屋のお客さんは中高生だらけでした。成人男性がお店に入って来たら不思議な目で見られてしまいます。しかし童顔であったことでカード屋に行っても浮かないで済みました。そのおかげでカード大会にも出場し、中高生達に大学生とはバレずに若い子たちと仲良く趣味のカードで遊ぶことが出来ました。

  • 威圧感が無く話しやすいと言われる

童顔の人は顔が優しい人が多い印象はありませんか?そのため威圧感が全く感じられないのです。

筆者も話しかけやすいと言われますし、顔が若い事によって柔らかさが出るので、周りの人から「この人なら優しそうだから話しかけても大丈夫だな」と思わせる事が出来るでしょう。

筆者は実際に、大学時代は自分からでは無く相手から話しかけられることが非常に多く、自分から声をかけなくても友人を増やすことが出来たという経験があります。

  • 年上に可愛がられる

童顔だと良い意味での未熟さが感じられるので、年上の人から可愛がられることが多いです。老けている後輩よりも、童顔の後輩の方が後輩らしいですよね。

しかも筆者は童顔のおかげで、アルバイトなどでも仕事でミスをした時「まあ、あいつは若いからな」と感じられ、激高されずに優しく注意される事が多かったです。

  • 相手にギャップを与えられる

童顔は周りに「あの人は弱々しい」と感じさせます。一見マイナスなイメージが湧くと思いますが、童顔な事で相手は勝手に自分に対するハードルを低くしてくれます。男の方であれば自分が男らしい発言や行動を行う事により、周りをおっと思わせることが出来るでしょう。

童顔で損したこと

  • 年下にナメられる

実年齢よりも年齢が若く見られるので、年下に同級生や年下だと勘違いされ、ナメられてしまうことがあります。
筆者の場合、大学2年生の頃にしていたバイト中、初めて会った高校生にいきなりタメ口で話しかけられました。後に年齢を伝えたら驚かれ、謝罪されました経験があります。

  • 頼りなさそうに見られる

可愛らしさはあるのですが、強さは感じられません。男性であれば頼りなさそうなイメージを女性から持たれやすくなります。

  • 年齢確認を求められる

お酒やタバコを買う時に「お客さまは成人されていますか?」と聞かれるようなお店が多いです。他にもパチンコ屋などに行く際も、合法であっても周りのお客さんや店員さんから不思議そうな目で見られてしまうと気が散ってしまったりしてしまいます。

大人っぽく見せるためのポイント

① 服を地味目にする

大人っぽくなりたいのならば、まずはファッションを変えるのが手っ取り早いですね。若者向けの服を着ている人は、大人向けの落ち着いた色の服を着るだけで大人びた見た目になる事が出来ます。

② 髪の毛を染めない

髪を染める事は人によって、垢ぬけて見られる事もありますし、若く見られる事もあります。あなたはどちらの方が大人っぽく見えるのか、ぜひ検討してみてください。
髪の毛の色を変えてみる事で、大人っぽく見られるようになるかもしれません。

③ 普段から落ち着きを装う

日ごろから落ち着いた言動を行えば、大人っぽい雰囲気を醸し出す事が出来ます。
時間に余裕を持つことや丁寧で上品な言葉遣いをすることであなたへの周りの印象が変わりますよ。

自分の容姿のメリットで得しよう

童顔について述べてきましたが、老け顔にも「頼りになりそうだと言われる」というメリットもあれば「おっさんだと勘違いされる」というデメリットもあります。

このように物事のほとんどは表裏一体で出来ているので、良い所もあれば悪い所があることは当然です。
なのでどちらにしろ、無い物ねだりをせずありのままの自分を受け入れ、短所を少なくするというよりも長所を伸ばした方が効率的です。

童顔であれば幼い顔が好きな方から好感を持たれることもありますし、人からも親しみやすく話しかけられやすくなったりします。もちろん大人っぽくなるように工夫することは悪い事では無いのですが、ぜひ童顔には童顔の良さがある事も忘れないでください。

 

最後に

このように童顔であることは、年齢相応の顔の人や老け顔の人では得られないメリットが存在します。頼りなさそうに見えてしまうデメリットは、落ち着いた立ち居振る舞いや見た目の変化でどうにでもなります。

筆者も大学1年生の頃は童顔にはデメリットしか無いと感じていましたが、実はメリットの方が多いと気づいてからは、そのメリットを上手く使う事で、キャンパスライフを楽しく過ごせるようになりました。

童顔で悩んでいる大学生の方がいらっしゃるかもしれませんが、むしろ童顔になりたいと感じている人は多くいるので、童顔なあなたの容姿にぜひ誇りを持ってください。




最新の記事はこちら