多くの学生が気づいていない、メモを取ることの4つのメリット

授業やセミナーなどで、「ここはメモしてください」と言われて慌ててメモを出してはいませんか?メモを取る習慣がすでにある方も、「なぜメモを取るか?」について考えたことはありますか?普段何気なくメモを取ることが持つメリットについて紹介します。

①情報を忘れない



4
もともと人間の脳は、忘れるようにできていると言われています。メモをとり後から見返すことで、記憶の定着や重要な伝達事項等の漏れを減らすことができます。

能力が高い学生ほど多いのが、「自分は物覚えが良いからメモを取らなくても平気」という自分を過信しているタイプ。果たしてその記憶は正確ですか?案外思い違いをしていることも少なくないと思います。

また、どんなに良いアイディアが浮かんだとしても忘れてしまっては意味がないので、メモに残す習慣があるといいですね。

②集中して話を聞くことができる



学校
「メモを取る」という行為を行うだけで、集中力や思考力の向上に繋がります。人の話を聞く時には、集中して聞いていなければ十分なメモを取ることはできません。

話を聞きながら上手くメモを取るには、
1. 話し手の意図をくみ取るために集中して聞く
2. 一字一句書き出すことは厳しいため、必然的に話の要点をまとめる
3. 後で見直せるように文章の構成を考えながら書く
という3つの行為が基本的に必要になります。

また、これらの行為を行うために人間の脳は、アウトプットとインプットの際に別の脳を使うので、脳みそをフル回転させなければ成り立ちません。つまり、人の話を聞く時はメモを取るだけで、集中して話を聞いたり、話しの要点を掴めるだけではなく、脳を鍛えることにも繋がります。

③相手も真剣に話してくれる



conversation-799448_960_720
メモを取ることは、①記憶に確実性を持たせる、②話に集中する、という二つのメリットがあるとお伝えしました。メモを取ることで人は「話を聞く体勢」を整えるというわけです。

視点を変えて言い換えると、メモを取っている人は話し手からすれば、「自分の話を聞く体勢」ができている人とみなすことができます。当然、自分の話を集中して聞いてくれていることが分かれば、より良い情報を伝えようと思うし、曖昧な情報は控えようという心理が働きます。

メモを取るという行為一つで、話をちゃんと聞いているという意思表示を行ない、より有益な情報を聞き出す機会を自ら作り出すことが出来るし、集中して話を聞く習慣があると見なされれば、あなたの評価も上がります。今までメモを取っていない人は、知らずのうちに目に見えない損失を被っていた・・・なんてこともあるかもしれません。

④情報を後から整理することができる



2
あとからメモを見ながら得た情報を見返すことで、その情報の重要度や要点を整理することが出来ます。後から見直すことで自分が何を理解出来ていて、どこの記憶が曖昧なのかを再認識する行為にも繋がり、記憶の定着も確実に高くなります。

また、メモがあれば、その後に詳細な資料や報告書を作成する際に、参考にしながらスムーズに作成することが出来ますし、メモの内容を整理することで、そこから新しいアイディアが浮かぶこともあります。

生活に取り込んでみる!



5
これまで、メモを取ることのメリットについてお伝えしてきましたが、実際に普段の生活のどういう場面でメモの習慣を身につけたり、メモを活用したりすることが出来るのでしょうか?最後に少しですが例を紹介します。

「学校の授業」
大学などで講義を聞くときに、集中して聞いていますか?「プリントがあるから」や「後で友達にコピーさせてもらうから」と、スマートフォンでゲームをしながら授業を聞いていませんか?高校生みたいでダサい、と考えずに講義のノートをしっかり取ってみてください。案外難しいものですが、要点を整理するといった面では十分な効果を発揮します。まずは配布のプリントにでも良いので、講義内容のメモを取りましょう。

「アルバイト」
新しいアルバイトを始めると、レジの使い方や物の置き場所、作業の手順など、、、覚えることがいっぱいありますよね?一度教わったことは意識してメモに残しましょう。メモを取らずに、うろ覚えの状態ではミスも増えてしまいますし、2度も3度も同じことを聞くことで相手の時間を取らせてしまう可能性もあります。ポケットサイズの小さなメモに逐一書き留めるなどしましょう。

「日常生活で気になったこと」
普段何気なく生活していて、初めて聞く言葉や気になる情報は積極的にメモに残しましょう。例えば、たまたまテレビで知った豆知識などを話しの小ネタとして挟めば、周りの人はあなたのことを「情報通」と思うかもしれません。また気になったことなどは、その時は調べられなくてもメモに残しておけば後から時間が出来た時に漏れなく調べることが出来ます。些細なことはスマートフォンのメモ機能などを使うと良いです。

いかがでしたか?



6

意外と軽視されがちな「メモを取る」という行為ですが、社会人のマナーとしては”当たり前”なこととして位置付けられています。メモを取るという行為は、実はメリットだらけです。今日からあなたも習慣づけてみませんか?




最新の記事はこちら

今、最も読まれている記事