自分の身は自分で守ろう!今サラリーマンに人気の格闘技 ブラジリアン柔術を女子大生にこそお勧めする理由。

自分の身は自分で守るかっこいい系女子になろう!

近年日本のサラリーマンの間で人気上昇中の格闘技を知っていますか?ブラジリアン柔術という、あまり聞きなれないスポーツ。現在圧倒的に男性の数が多い格闘技ですが、女子大生としてブラジリアン柔術を始めた筆者自身が、今回、女子大生こそ初めるべきそのブラジリアン柔術の魅力をご紹介します!

 魅力その①、小柄な体型でも自己防衛ができる

ブラジリアン柔術は日本の柔道やプロレスの影響を受け、改変して出来上がったブラジル発の格闘技です。グレイシー家によって創始されたため、グレイシー柔術とも呼ばれています。小柄でも技術を使って、体格や力では劣る相手からも身を守るために考案され、寝技主体の体格に関係なく始められる格闘技です。安全性の高さ、ハードルの低さから近年人気が急上昇しています。

小柄な人でも勝つ、という概念で開発された格闘技であるため、実際に大きな力は必要ありません。相手が男性であってもしっかりと技術を身につければ、相手の体を地面に押さえつけたり、後ろから動きを制御することもできるのです。その他の多くの格闘技では、体格差の大きい相手に勝つにはプロ並みの技術がないとほぼ不可能だと言えますが、ブラジリアン柔術では少し技術を身につければ、誰でも仕留めることができてしまいます。これは体の小さい女性にとっては大きな魅力です。

また海外では自己防衛の技術に特化した女性用のジムなどもあります。実際に他人に手を引っ張られたときなどのシチュエーションを使って、とっさに相手を押さえつけるような動きを学ぶのです。海外でブラジリアン柔術は護身術として、女性からのニーズが高まってきています。

魅力その②、ダイエット効果がある

出典:https://www.instagram.com/mackenziedern/?hl=en

実はブラジリアン柔術でのダイエット効果は大なのです。毎日暑い柔術着を着て練習を行うので、一回のトレーニングの後には道着はすでに汗でびしょ濡れ。次々と対戦相手を変えて体は動かしっぱなしなしで、さらに神経は全て技術面に集中しているため、頭もフルで使うことになり、その間はあまり体に疲れを感じません。そのため、気づかないうちにかなりの運動量をこなしていることになるのです。また、その他の格闘技と同じように階級があるので、もし試合で本気で勝ちに行くと決めたなら、体重を意地でも落とさずにはいられません。ブラジリアン柔術では体が余分に重いほど不利なのです。実際に公式試合で最も軽い階級は、女性であれば44.3kg以下、男性は53.5kg以下と、かなり小柄な体型の選手枠まで用意されています。そのため体が小さいと不利なんてことは全くなく、柔術着の重さを除いて実質43kg以下の女性でも自分の体型で参加ができるのです。階級を下げることで、体重は落とせば落とすほど勝ちやすくなり、モチベーションも上がります。

魅力その③何よりも柔術着が可愛い!

出典:https://www.instagram.com/mackenziedern/?hl=en

柔術着は空手着、柔道着などと比べて生地も薄く軽く、体にフィットするスリムなデザインです。その形ゆえにしっかりと自分のサイズの着を選べば、道着のせいで太っているように見えることはなく、むしろスリムに見せてくれます。また公式試合では白、黒、ブルーなどの規定がありますが、練習着では基本的に何を着てもいいのです。そのため道着のカラーやデザインも豊富で、男女ともにオシャレで可愛いブランドがたくさんあります。ワッペンなどで自分流に飾ることもできます。そして初めての女性に一番人気なのはやはりピンクの道着です。

またブラジリアン柔術にはNo-Gi(ノーギ)と言われる、柔術着なしの分野もあり、その際着用するのは短パン、ラッシュガードとなります。これらは体にぴっちりとフィットするため、道着が好きじゃない人でもおしゃれに着れるデザインがたくさんあります。

世界の美女ブラジリアン柔術格闘家

出典:https://www.instagram.com/mackenziedern/?hl=en 

世界で活躍する女性ブラジリアン柔術格闘家はたくさんいるのですが、今回は筆者が格闘家として、女性としても特に憧れるお気に入りのかっこいい格闘家たちをご紹介します!

  • Kyra Gracie (キーラ・グレイシー)

出典:https://www.instagram.com/kyragracie/?hl=en

 

ブラジル出身のブラジリアン柔術家で、創始者であるカーロス・グレイシーのひ孫です。黒帯で過去の世界チャンピオンでもあり、柔術で得たその引き締まった体型によりモデルとしても活躍しています。

 

  • Rose Namajunas (ローズ・ナマユナス)

出典:https://www.instagram.com/rosenamajunas/?hl=en

テコンドーと空手の黒帯で、総合格闘技家です。ブラジリアン柔術にてはまだ黒帯ではないものの、これまでいくつかメダルも受賞し、総合格闘技では良い成果を見せています。オフの時のお茶目な可愛らしい性格と、試合の時の男前な戦い方に、男女ともにファンになってしまいます。

  • Mackenzie Dern (マッケンジー・ダーン)

出典:https://www.instagram.com/mackenziedern/?hl=en

筆者一番の憧れの柔術家です。3歳からブラジリアン柔術をはじめ、黒帯で過去に2回世界チャンピオンとなっています。柔術会での成果とその美貌による圧倒的人気から、2015年に総合格闘技でもデビューしました。これから総合格闘技家としてもどこまで伸びていくか、期待大です。

***
いかがでしたか?格闘技と聞くと、「痛い」、「男っぽい」などのイメージが強いですが、ブラジリアン柔術は他の格闘技に比べ練習時の安全性も高く、いざとなった時には力のない女性でも自分の身を守る術となるのです。また、トレーニングにより太ったり筋肉でゴリゴリになることもなく、実際には引き締まった体型に導いてくれます。現代の若い女性にいいことづくしのブラジリアン柔術、この機会に初めてみてはどうですか?

ABOUTこの記事をかいた人

Haruna

Jobby初代立ち上げメンバー。学生時代の3年間をヨーロッパやアメリカで過ごす。趣味は格闘技、筋トレ、美味しいもの巡り。4人兄弟、飼ってた猫は4匹と犬1匹。主に海外、英会話、旅行、社会に関する情報を発信。