ホワイトデーなのでT部長に○○を1,000本あげてみた。

上司にはホワイトデーに盛大なお返しを。

本日はホワイトデーですね。我々はバレンタインデーにT部長からそれぞれのニーズにあったプレゼントをいただけました。

毎日大量のお茶を飲んでいる代表には、お茶を1箱。

 

 

毎日朝ごはんがわりに会社でワンタンを食べている社員には、ワンタンを1箱。

 

 

そして、最近の悩みが「肌荒れ」の社員にはビタミンドリンクを2ケース。

 

それぞれのニーズにあったプレゼントを見事にリサーチし、2月14日のバレンタイン当日に会社に日時指定で届けるという徹底ぶり。素晴らしいですね。

プレゼントはインパクトが重要

これは我々もちゃんとしたお返しをしなければいけない。ということで、「T部長の喜ぶものは何か」と、3人で会議をする日々が続きました。

そんな中・・

 

代表が閃きました。

 

「プレゼントにはインパクトが大事だ」

「スーパーの陳列のイメージでT部長のデスクを埋め尽くしてあげよう」

 

購入

 

ということで、早速Amazonで購入し、3月14日のホワイトデー当日に会社に日時指定で注文を完了しました。今回のプレゼントは缶ジュースを1,000本。約3年分です。

金額で言うと1本80円×1,000本で、ざっと8万円です。

ジュースが好きなT部長はきっと喜んでくれるはず。そう信じ、なんの躊躇もなく購入させていただきました。

ホワイトデー当日

「T部長お荷物でーす」
「T部長お荷物でーす」

 

 

ひっきりなしに自分宛に届くジュースにT部長は困惑しています。

まだまだホワイトデーはこれからです。

T部長がランチに行っている隙にデスク周りをジュースで囲んであげましょう。

 

まずは、デスクの後ろから攻めましょう。全て、ライフガードです。よく緑色のネイルにしているT部長にはぴったりですね。どんどん上に積んでいると・・

 

 

 

 

崩れました。

 

 

ライフガードは6段以上積むと崩れてしまいます。学習しましたね。

 

 

ということで・・

 

 

崩れないように、ライフガード、ドクターペッパー、コーラ、ドクターペッパーダイエットと積んでいきます。くれぐれも6段までです。

 

 

そして・・

 

 

 

 

ジュースの城が完成しました。

 

 

これはT部長も喜ぶに違いない。T部長の帰りを待ちましょう。

 

 

数分後・・

 

 

あれ?あまり喜んでいただけてないようです。とりあえず写真は撮ってくれました。

 

自分のデスクに行くまでも一苦労みたいです。でも嬉しそうですね。プレゼントをした我々も非常に嬉しい限りです。

 

 

デスクに座って、顔を埋めて・・もしかして、嬉し泣きですかね。本当に嬉しいです。

 

 

すると・・突然・・

 

 

 

 

 

 

 

「私、炭酸飲めない!!」

 

 

 

T部長の悲痛の叫びが聞こえてきました。

炭酸飲料が飲めないT部長には、炭酸飲料1,000本はただただ「迷惑」だったようです。

 

まとめ

ホワイトデーのお返しだけではなく、誰かにプレゼントを送る時は、まずは相手の、「嫌いなもの」をリサーチし、それは絶対に避けましょう。しかし、インパクトは大事です。次回のT部長へのプレゼントは何を1,000個送るか今から楽しみです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

坂本悠貴

1992年生まれ。北海道出身。中央大学商学部を卒業し、現在株式会社アッドラストで1年目から、メディア事業部部長と人事責任者を兼任。現在、デキる学生御用達メディア「Jobby」を運営。大学生のマーケティングチーム「Jobby調査隊」を発足し、大学生向けのプロデュース事業などを手がける予定。