社会人の服装で気をつけることとは?〜ビジネススーツ編〜

ビジネススーツを着こなしてデキる社会人に!

仕事の場で何故スーツを着る必要があるのでしょうか。

当社では基本カジュアルな服装でお仕事をしていますが、お客さんとの商談や打ち合わせではスーツを着用しています。仕事で人と接する際に私服だった場合、服のセンスは人それぞれですから相手に悪い印象を与えてしまう可能があります。その点スーツだと、センスを問わずに最低限の好感度は得られるので、尊敬や敬意を表すためにもスーツを着用してお会いしたほうがいいかもしれませんね。

社会人で非常に大切なのは「第一印象」です。「信用」に関わる場面が多いからこそ、しっかりと「デキる」印象を抱いて欲しいですね。

https://matome.naver.jp/odai/2135676519441300301

https://matome.naver.jp/odai/2135676519441300301

スーツを着る際に気をつけるべき点

ビジネススーツを着る際には「第一印象」がとても大切です。正しく着こなすことで「デキる」社会人を目指しましょう。

1.清潔感

これが一番大切です。髪型からジャケット、シャツ、パンツ、靴まで全て気を付けなければいけません。不潔なルックスやシワ、汚れなどは相手に不快感を与えてしまいます。相手が不快にならないかを常に考えてスーツを着るようにしましょう。

2.サイズ感

自分に合ったサイズのスーツは「デキる」社会人を演出してくれます。オーダーメイドスーツであれば肩、袖丈、着丈、裾まで自分の体に合った形で作ってくれますが、市販で売っているスーツは自分の体に合ってるとは一概に言えません。大きすぎないか、小さすぎないか、シルエットを見て慎重に選びましょう。

3.デザイン

スーツには様々なデザインがあります。無地は無難だと思われがちですが、素材や色によって印象がガラッと変わり、シャツや小物の使い方で深みがでます。

ストライプの場合、線の細いピンストライプと線の太いチョークストライプがあり、より細く見られるため、紳士的な印象や落ち着いた印象に見られやすいです。ベースの色と線の色が違いすぎると、少し違和感が出る可能性もあるので、ビジネスの場においてはなるべく同系色で抑えられるといいですね。チェック柄は、組み合わせる色によってガラッと雰囲気が変わり、カジュアルな印象を与えてくれます。チェックの太さが太いほどカジュアルになるので、カジュアルになりすぎないよう注意しましょう。

他にもシングルスーツ、ダブルスーツや、ボタンの数、中にベストを着るなど、様々なデザインで「第一印象」が変わります。

http://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=919

http://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=919

スーツはバリエーション豊富!自分好みのスーツを着よう!

当社の社員は代表からオーダーメイドスーツを1着買って頂いています。

自分で選んでみてよく思うこととして、スーツのバリエーションは無限であるということです。デザイン、シャツ、ネクタイ、靴、その他小物まで、スーツの着こなしは無限です。もちろん大切なのは、相手に対して失礼のないように、尊敬と敬意を払った服装を心がけることですが、その中でも自分の「第一印象」を考えた上で、自分好みのスーツを着ると毎日が楽しくなると思います。

当社の社員のオーダーメイドスーツはそれぞれの性格がよく出ています(笑)皆さんもマナーを守って自分好みのスーツを選んでください。

株式会社アッドラストでは一緒に働く仲間を募集しています

http://jobhobby.jp/recruit




最新の記事はこちら