英語が苦手な学生必見!ネイティヴ英語がマスターできる 海外語学学校の英語の学び方。

日本の英語教育の欠点

このページを開いた方たちはきっと英語を学びたいと思っているものの、英語に対しての何かしらの苦手意識がある人たちではないでしょうか?中学校あるいは高校の英語教育でつまづき、苦手意識のついた英語。日本がインターナショナルになっていくに連れて英語の重要性を感じ、ひとりで焦ってしまっていませんか?「日本で英語をマスターするのは無理でしょう」なんてことや、日本の英語教育に底知れぬ怒りを覚えてる人も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな日本で英語を学ぶのに苦手意識のついた人のために、海外語学学校で実際に使われている勉強法などをご紹介していきます。

日本で英語マスターが難しい理由

日本で英語をマスターすることは不可能なのか、結論は日本でも英語をマスターすることは可能です。ではなぜ、多くの人が英語を日本で学べないと考えているのでしょうか?筆者の推測では、中学・高校と約6年間ほど英語を学ぶ機会があったのにもかかわらず英語を話すことができないということで、そもそも英語教育が問題ではないのかと、英語を話せない皆が行き着いた着地点ではないかと思います。英語教育の改革が必要不可欠であることに間違いありません。しかし、他にも日本人が英語をマスターする上で障害となるものが幾つかあります。その代表例が、英語と日本語は根本的に違うということです。文法であったり、発音であったり、文字も違います。アメリカの公的機関が、アメリカ人にとって日本語は世界で一番難しい言語であると発表しています。ということは、必然的に、私たち日本人も英語を学ぶことは容易ではないということです。では他の国はというとヨーロッパの言語と英語は共通点を持っています。その理由としては、英語の母体がフランス語であったり、ラテン語であったりするためです。その為ヨーロッパの人々からすると共通点が多く比較的容易に学べるのではないでしょうか。このことから、日本人が英語をマスターするには底知れぬ努力が必要となるということです。

英語はイメージで理解する

日本人が英語をマスターすることは簡単なことではないということが分かったと思います。そのことを踏まえ、仮に一生懸命英語を勉強しテストでも満点近い点数を取ることができたとしましょう。しかし、これでマスターしたとならないのが英語の難しいところです。覚えたものは「単語」であり「文法」です。英語力とはリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4つから成り立つ総合力のことを言います。「私はリーディングが完璧だからリーディングは任せて」とはならないのです。インプット出来たら次はアウトプットですよね?ここで問題が発生です。日本人の天敵スピーキングがやってきます。満点取るほどの実力者が次々にギブアップを出します。原因はというと「意味はわかるけど自分の気持ちを言葉にすることができない」ということです。日本は極端にアウトプットの機会が少なく自分の気持ちを伝える機会はほとんどありません。では、日本で英語が使えなくて困ったことはありますか?ほぼありませんよね、そこにも英語を学ぶ上での障害があります。英語のフレーズや、気持ちを表現するワードは、ニュアンスを掴みイメージを膨らます必要があります。単語を覚えてもそのまま使うことはできないのです。英語を学習する上で日本語訳を理解するのではなく単語のニュアンスを理解する必要があるのです。

語学学校から学ぶ英語の学び方

日本の英語学習法と大きく違うのは、英語を英語で学ぶということです。日本は英語を日本語で学ぼうとする学習法で違和感を感じてしまう表現がちょくちょく出てきます。英語と日本語は全く違うと説明しましたが、日本の英語学習法では日本に存在しない英語であったり細かいニュアンスも全て翻訳しようとしてしまい逆に難しくなっています。また日本は読み書きを中心に学習しますが、語学学校では総合学習型なのです。英語力の話で4つの構成を説明しましたが総合的に学習をすることで初心者でも初心者なりの会話ができるようになります。日本の英語学習は教科の一つになってしまっているのではないでしょうか。それに比べ当たり前ですが語学学校は、英語という言葉を学ぶことができます。さらに、常に英語を使用できる環境が整っているのも強みの一つです。

では、日本でどのように学習していけばいいのか、まずは英語を英語で理解する環境を作ることが大切です。英語版の文法のテキストは、インターネットなどを探せば簡単に出てきます。テキストを見て例題、イラストから背景を思い浮かべて理解します。スカイプを使った英会話なんかもオススメです。筆者のオススメは、YouTubeです。無料でわかりやすく説明されているにもかかわらず、イメージもしやすく参考になります。

***

いかがでしたでしょうか?今からでも取り組めることも多くあると思います。語学学校への進学は英語をマスターさせるためにはとても有効ですが大きな決断でもあるので、まずは英語を勉強するための時間を確保しましょう。英語はコツコツと学習していくしかありません。結局海外に行った方が早いと思っている方も多いと思いますが文法を理解するということは日本でもできますし、語学学校で全て学ぼうとするのは効率が悪いです。時間は限られていますので計画的に英語の勉強を始めることをお勧めします。




最新の記事はこちら