話題のキャンプスタイル「グランピング」って?キャンプとの違いやメリットは?

グランピング キャンプ

みなさんのキャンプ観を変える新しいスタイルのキャンプ

みなさんはキャンプに対してどのような印象を持っていますか。
いくつかキャンプに関するポジティブなワードを挙げてみると、「自然」「夏」「バーベキュー」「テント泊」などいずれの単語もわくわくして楽しいイメージを連想させるものが浮かびますね。

一方で、キャンプをはじめとしたアウトドアが苦手な人の立場で考えてみると、「日に焼ける」「虫がいる」「準備がめんどう」などマイナスな一面も持ち合わせているのかなと感じます。

今回はそんなマイナスな一面を払拭するかもしれない、話題のキャンプスタイル「グランピング」の魅力をご紹介させていただきます。

ちょっとリッチなキャンプ「グランピング」って?

グランピング キャンプ

「グランピング」は既存のキャンプ要素にホテルのサービスのような快適さをプラスしたアウトドアの新たな方式です。欧米の富裕層を中心に人気を博し、日本にも伝わりました。名称の語源は「華やかな」という意味の単語「glamorous(グラマラス)」と「キャンピング」を掛け合わせたものです。国内でもグランピングサービスを提供する事業者は増え、徐々に認知度が高まっているのです。

このスタイルの大きな特徴は宿泊(テント、シュラフ)や食事(コンロ、食材)などいつもキャンプに行くときに必要な準備なしで、「手ぶらで遊べる」ということです。

手ぶらで遊べる!グランピングのサービスとは?

グランピング キャンプ

宿泊

泊まる施設の種類は各キャンプ場や事業者で異なります。国内のグランピング場で貸し出される宿泊施設には大型テントやロッジ、コンテナ、リノベーションした古民家などさまざまな形態が存在するのです。また、施設内の内装には期間中快適に過ごすための設備が整っています。例えば、冷暖房や冷蔵庫などの家電、ソファーやテーブルなどのインテリア、キッチンやシャワールームなど、まるでホテルの一室のように充実しています。

食事

グランピングの食事サービスにはバーベキューや、専属のシェフがついて料理を提供するスタイル、施設に併設するレストランでの食事などさまざまなタイプがあります。バーベキューの火起こしや食材調達などをスタッフに全て準備してもらうこともできるのです。

【全国のグランピング施設で体験できるサービス一覧】

また、宿泊や食事以外にも施設ごとにその土地や地域の特色を活かした体験型のアクティビティが存在します。ここで、全国のグランピングスポットで体験できるサービスをいくつか調べてみました。

・お風呂(天然温泉、露天風呂、ドラム缶風呂) ・釣り ・カヌー 

・プール ・動物とのふれあい ・農園体験 ・カフェ ・アスレチック

・フィットネスジム ・乗馬 ・マッサージ ・サイクリング ・ドッグラン

・マリンスポーツ(ジェットスキー、ウェイクボード、シュノーケリングなど)

気になるグランピングの料金

元々が富裕層向けのキャンプであるということや、ここまでの内容を踏まえると、「グランピングは費用が結構かかるのではないか?」と思いますよね。もちろん内容の質を追求すると1人5万円以上の予算が必要な施設もあります。しかし、最近では1人1万円以下で体験できるグランピングスポットも増えているんです。この価格なら学生さんでも充分できますね。

自分でキャンプ用品やバーベキューの食材などを準備すると考えたら、1万円以下で楽しめるのはすごく得ですよね。

さいごに

最近では千葉県香取市の地元農業組合がグランピング施設を開業したという例もあり、この市場は宿泊業やキャンプ場だけではなく、あらゆる業種から注目が集まっています。今後も他業種からの参入や新たなサービスの開拓を大いに期待したいですね。

1歩外に出れば自然溢れる開放的な景色、中に入れば快適な空間。グランピングにはアウトドアとインドアのいいとこ取りをしたような新しい魅力があります。みなさんのキャンプに対するイメージは、変わりましたか。

みなさんの休日の過ごし方のひとつにグランピングを入れてみてはいかがでしょう。

 

 

グランピング キャンプ

ABOUTこの記事をかいた人

慶應義塾大学1年生。お笑いを見るのが好きで仕方がない。一番好きな芸人はさまぁ~ず。「自由に生きる」がモットー。そのために必要な自己管理能力が足りないのでなんとか磨かねば。画像のパスタは自分で作りました。自炊がんばっております。