お洒落は足元から!ビジネスシューズで周りと差をつけよう!

お洒落は足元から!でもどうして??

「お洒落は足元から」よくお聞きする言葉ですね。でもどうしてお洒落は足元からなのでしょうか。靴は洋服の中でもあまり目につきにくい部分です。ファッションに興味のない方は特に靴を気にしない方が多く、逆に靴を気にする人は「細かい部分まで気を使っている」という印象を与えてくれます。デキる社会人は服ではなく、靴をみてその人がどんな人間なのか判断するというくらいですから、細かい部分まで気を使える社会人になりたいですね。
http://u-note.me/note/47502039

http://u-note.me/note/47502039

何を重点に革靴を選べばいいのか

黒スーツ×黒の革靴

全身を黒にした無難なスタイル。視覚的に、パンツと靴の色とを揃えると足長効果があり、スリムなイメージを植え付けられますが、無地だと暗い印象を与えてしまうため、スーツにストライプが入っていたり、ネクタイやシャツに色を入れて個性を出していくことがポイントです。シンプルすぎると就活生と間違えられてしまいがちですね。笑

黒スーツ×茶の革靴

黒スーツと茶色の革靴の組み合わせも一般的ですが、黒スーツだと茶色が目立ちやすいので、少しチャらく見られやすいため、注意が必要です。小物類(ベルトや時計)の色も合わせられると、スマートな印象を与えることができますが、小物の色にバラつきがあると、ごちゃごちゃになってしまうかと思います。茶といっても薄い色から濃い色まで幅広くあるので、あまり主張しすぎないように気をつけましょう。

紺スーツ×茶の革靴

黒スーツに比べて茶の革靴の主張が弱く、バランスよく見られやすいです。ただし、スーツの色が薄かったり、シャツやネクタイが派手だとその分チャラく見えやすいので、小物の使い方や色合いに気をつけましょう。

グレースーツ×黒の革靴

黒の革靴が一番映えやすく、ツヤのある良い靴を履いていると一番印象よく見られるかと思います。黒の革靴が汚かったり、ダメージがあると、逆に目立ってしまうため注意が必要です。

グレースーツ×茶の革靴

グレーが薄すぎるとふわっとした印象になり、あまり良いイメージを持たれないので、できるだけ濃い色のスーツ、革靴をお勧めします。

最後に

スクリーンショット 2017-02-12 22.34.17

長くなってしまいましたが、スーツ×革靴だけでも色々な着こなしが出来ます。

最初は戸惑うかと思いますが、小物を使うことで好感度を上げることができるので、自分にあった革靴を探してみてください。まずは黒と茶の革靴両方持っていると便利ですね。




最新の記事はこちら

今、最も読まれている記事