【一人暮らしの学生必見!】ワンルームの掃除のコツはこれ!

一人暮らしの皆さん、大掃除は終わりましたか?

大学生の皆様は年明けをどのようにお過ごしですか? 勉強に恋愛にアルバイトにと忙しく過ごしているのではないでしょうか。実家にお住まいの方は家族が掃除をしてくれても、親元を離れて一人暮らしをしている方は自分で掃除を済ませなければなりません。

帰省やアルバイトなどで年内に大掃除を終えられなかったという方も、ただ綺麗にするだけではなく金運や恋愛運をアップするためにもお部屋を綺麗にしておきましょう!
今回は、多くの一人暮らしの方が住んでいるワンルームの大掃除の注意点やポイントをお伝えします。

大掃除の由来

そもそも何のために大掃除をするのかご存知でしょうか?
それはお正月の神様に気持ちよく来て新しい1年を見守って頂くためです。そのために普段なかなか行き届かないところの汚れを落とし、お部屋も気持ちも綺麗にします。地方の家などでは、神棚にお正月飾りや鏡餅などを用意します。

「一人暮らしの大学生でお正月は帰省するから、大掃除は関係ない」と考えている方もいるかもしれませんが、一概に関係ないとは言えません。綺麗にする以外にも、風水ではお掃除をすると金運や恋愛運などがアップすると言われています。

ワンルームのお掃除のポイント3選

多くのお部屋を掃除して来た筆者の経験から、一人暮らしの大学生へ向けたお掃除のポイントについてお伝えします。

1.玄関はその家の顔!

これは一人暮らしの方に多いワンルームに限った話ではありませんが、玄関及び玄関の扉はその家の顔と言っても過言ではありません。人間関係と同様にお部屋も第一印象が大事です。

まず、玄関に靴や傘立てなどの物が置いてある場合は違う場所に移動させます。そして100円ショップなどで売っている小さなホウキやモップなどを使い、天井に近い上から埃を落としていきます。ワンルームのお部屋の場合は玄関に作り付けの靴箱があることが多いですが、忘れずに埃を落としておきましょう。玄関の床以外の埃を落としたら、濡らしたタオルで拭いていきます。

次に玄関の扉を開けて床の埃をホウキで払います。
最後に濡らしたスポンジに洗剤を含ませて軽くこすった後、タオルで拭いたら玄関は終了です。

2.ガラス窓の四隅に注意せよ!

水を使うため冬に掃除するには少し寒い窓の掃除。部屋の中から見てよく目につくガラス窓の特にガラス窓の四隅はポイントの1つです。自分では綺麗に拭いたつもりでも少しでも汚れが残っていると目立つので注意しましょう。

まずサッシ周りを掃除しましょう。窓が乾いた状態で小さなホウキきやブラシである程度の埃や汚れを取っておきます。サッシの内側にカビや汚れが付いている場合は、 カビ取り洗剤を使い掃除をします。
この時にカーテンやブラインドなどは外しておくことをオススメします。ビニール袋やいらないバスタオルなどを使い周りの壁や床などを保護しておきましょう。

サッシ周りが綺麗になったらガラス面のお掃除に移っていきます。
濡らしたキッチンのスポンジに洗剤をつけて、軽く擦ります。洗剤の泡をタオルで拭きとった後、 乾いたタオルで仕上げ拭きをしていきます。ガラス窓の四隅をより綺麗にするために、 割る前の割り箸にタオルを巻き(松◯棒みたいな状態)拭いていきます。

ガラス窓を掃除する時の注意点として、ガラス窓の外側を掃除する時に手が届かないなどの理由で拭き残しがあるととても目立ちます。しかしこの場合は無理して掃除する必要はありません。外側の窓はせっかく掃除をしても雨が降れば台無しになってしまいますので、どうしても気になる場合のみで問題はありません。

3.浴室とトイレのお掃除の注意点

ワンルームの浴室の場合は窓がないところが多いので、 カビ取り洗剤などを使う時は必ず換気扇を回すかお風呂場の扉を開けておくなどの換気をしましょう。

またトイレとお風呂の洗剤にも注意が必要です。

どちらか片方が塩素系でもう片方が酸素系の場合、排水溝の中で混ざってしまうことがあります。 そうすると有害ガスが発生し死亡事故に繋がる場合もあるので、洗剤の中身に気をつけるかトイレとお風呂の掃除を別の日にするなどの工夫が必要です。

まとめ

大学生の方に向けてお部屋の大掃除の注意点やポイントについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。お部屋が綺麗になると心身ともに晴れやかな気持ちになること間違いなしです。年末の大掃除が出来なかった一人暮らしの大学生の皆さんも、お部屋を綺麗にしてご自身の運気もアップさせちゃいましょう!




最新の記事はこちら

今、最も読まれている記事