【大学生の助け】二日酔いを早く治すオススメの方法

大学生活で避けられない「二日酔い」

大学生のみなさんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。新人コンパに歓送迎会と大学生活で二日酔いを避けていく方が難しいというものです。

しかし忙しいキャンパスライフ、次の日から予定が詰まっているため、キャンセル出来ないし早く治したいと悩む大学生いると思います。

今回はそんな大学生に向けて、二日酔いを出来るだけ早く治す方法をご紹介します。

二日酔いとは

それではそもそも二日酔いとはどのような現象でどんな負担が体に起きるのでしょうか。二日酔いとは、飲みすぎることによって起きる頭痛、胸焼けなどの症状を指します。

そして二日酔いが起きる原因は、2つあると言われています。
1つ目はお酒に含まれるアセトアルデヒドという成分が全身に巡り、神経細胞に影響を与えることで起きます。

2つ目は胃食道逆流症と言われるもので起こります。基本的に胃と食道は逆流しないようになっていますが、アルコールによって逆流が起こる場合があります。そうすることで胸焼けなどの不快感につながります。特に2つ目の症状は、とても不快感を伴います。

二日酔いを早く治すオススメ対処法

基本的な対処法であり王道な対象法は「水を摂取すること」です。体内におけるアセトアルデヒドを薄めることで症状を緩和することが期待できます。大学生活では、飲み過ぎている人や潰れている人にお水を出す行為が出来ると気遣いができると思われるでしょう。

次にお勧めしたい方法は、なかなかハードですが「吐くこと」です。吐くとアルコールをそのまま体内から放出できますので、気持ち悪く感じると思いますが即効性があります。吐くためには一定量の水と食べ物を食べることが必要なので、お酒だけ飲んでいた場合は食べ物を食べるようにしましょう。背中をさすることで吐き気を催せるので、豆知識として覚えると仲間から頼られるでしょう。

二日酔いのリスクを軽減するオススメ予防法

続いて予防法を紹介します。現実的には予防法をしっかりすることが充実した大学生活を送る重要なヒントになると思います。

1つ目は、自分の適量を把握するということです。どうしても大学生活ではハメを外しがちですが、自分の適量以上に飲むと何をしようとも二日酔いから逃れることはできません。適量を知ることが最も二日酔いと上手に付き合う最良な方法です。

そうはいっても飲みたい!という方が大半かと思うので、次は普段の生活で出来る予防法を紹介します。二日酔いを普段の生活で予防する手立てとして、フルーツやトマトを食べるという方法があります。フルーツには、ビタミンCやビタミンB、そしてクエン酸など肝臓の働きを助ける効果がある栄養素が含まれています。フルーツを食べること自体が、不規則な食生活になりがちな大学生活において栄養素を摂取する機会にもなりますから、是非積極的に食べてみましょう。

また、トマトにも二日酔いに効果があるリコピンという栄養素を含んでいます。リコピンは、冒頭で紹介したアセトアルデヒドという二日酔いの原因になる成分の作用を抑える効果があると言われています。またそれだけでなくミネラルも含んでいますので、アルコールの分解に伴って消費されるミネラル類を補給することも可能です。冷蔵庫に是非トマト1つを常備薬として持っておきたいですね。

 

二日酔いと上手く付き合って大学生活を充実させよう

大学生活における飲み会は、友人作り、思い出作り、恋人作りとほとんどの大学ライフに直結します。普段話せないようなことを話すきっかけになりますし、お酒自体が大好きな方も多いので飲む機会が多くなるでしょう。

しかし二日酔いになると周囲にも迷惑がかかりますし、自分自身も翌日苦しむことになります。出来るものなら二日酔いにはならない方が賢明です。

今回ご紹介した二日酔いの対処法を行い、安心で充実した大学生活を送りましょう。大学生のうちにお酒との上手な付き合い方を身につければ、社会に出た時も安心してお酒を飲めることが出来るます。早いうちから上手な付き合い方を身につけましょう。




最新の記事はこちら