【車での旅行者必見】渋滞時でも楽しむ為には…

車での旅行の上り下りの渋滞時の対策は出来ていますか?

「楽しい!」「旅行だ!」とテンションが上がってる中、渋滞にはまると萎えますよね……。
筆者も先日、友人と2泊3日で旅行へ行ったのですが見事に渋滞にはまってしまいました(笑)

しかし、筆者を乗せた車内はそこまで萎えずむしろ渋滞によって楽しんでいたんです!
今回はそんな筆者が実演した渋滞でも楽しめる方法を紹介します。

”音”で楽しむ

1.ラジオを有効活用すべし

どの車にも設置されている”ラジオ”ですが皆さんは普段お聞きになりますか?
ラジオってその地域限定のチャンネルがあったりするのでとても面白いんですよ!
筆者も渋滞で眠たくて仕方なかった中、ラジオのくだらないリスナーの話で笑ってしまい眠気を飛ばすことが出来ました!

2.好きな音楽で目を覚ますべし

恐らく定番かもしれませんね(笑)。EDM・J-pop・洋楽・jaz・アニソンetc…で筆者は睡魔と変わらない風景で飽きかけてた運転もテンションを上げることができました!

”窓を開けて大音量で音を流す”これは正直、周りの迷惑さえ気にしなければとても楽しいことですし(迷惑行為にあたるので非推奨)車内はとても明るくなります(笑)。ただやりすぎには注意です!周りの車からの痛い目がすごいです。

”誰もが知っている主題歌やアニソンを歌う”筆者が旅行に行った際は全員同い年だった為、世代のアニソンや世代のドラマ曲などを車内で歌いました!
今、「そんなの男だけでしょ?」なんて思った女性の方いませんか?筆者を含めたメンバーの中には女性もいましたがとても楽しそうにしていました!10代~20代ならカラオケの定番ソングなどで絶対に車内で騒げます!

”季節限定”で楽しむ

1.甲子園で知らない高校を応援してみるべし 

野球ファンでも野球ファンじゃなくても、ラジオで高校野球を流してみてはいかがでしょうか?
出身地の航行やゆかりのある都道府県の高校が甲子園に出て活躍している実況や初出場の高校を応援してみるのは、車内がとても熱くなり盛り上がります!

運転手以外の人がスマホやタブレットで実況映像や、実況サイトを開くことでさらに盛り上がること間違いないです!

2.歩行者や他の車の人間観察

趣味の悪いことですが、他の車の運転手を見て「あの人はラーメン好きだな」とか「餃子をつまみに片手にビール飲んでそう」などと想像で話を広げるとかなり盛り上がります。筆者も実際に車内で他の友人が後ろでその話をしてるのを聞いて笑いが止まらなくなりました!

本人に知れたら失礼ですし、ずっと見てたらそれも失礼ですがチラっとみて勝手に想像するのなら許してくれるでしょう(笑)

一般道ではイケメンや美人が歩いていたら「すげえイケメンじゃん!」「あの人かわいい!」って車内で言えば100%みんな見ますしそこから話題も作ることが出来ます。見慣れた風景でも一般道なら人を探すことでまた風景が新鮮に見えてくること間違いなしです!

”ルート”を作る

カーナビを困らせる

風景に飽きたり、渋滞して車が進まない時はカーナビや地図アプリの指示に従わないことも1つの楽しみ方です!
勝手に進路変更したり路地へ入ってみることでもちろん、知らない道という怖さはありますが、風景も変わり「どうしたら目的地に着くだろう?」と考え皆でわくわくしながらドライブすることが出来ます!

恐らく、その際カーナビは「ルートを検索しています」と何度も言うでしょうが無視して目的地の方角だけを意識して進みましょう!何か面白いものに出会えるかもしれませんよ?ただし、時間がある時だけしかできませんけどね(笑)

まとめ

筆者は釣りをする為に先日、千葉県茂原市の九十九里浜まで行ってきました。上りも下りも一般道で何度か渋滞にはまりましたが、上記で挙げたこの方法で車内でも楽しみ友人と楽しい思い出を作ることが出来ました。

おさらいしましょう!
1.”音”で楽しむ
 ーラジオで楽しむ
 ー好きな音楽を歌って楽しむ

2.”季節限定”で楽しむ
 ー甲子園で応援する
 ー人間観察で楽しむ

3.”ルート”で楽しむ
 ーカーナビを困らせて新しい物を探す

以上のことを頭に入れてこれからの旅行を安全運転でかつ全力で楽しんでください!

ABOUTこの記事をかいた人

きもとまん

新潟県の佐渡ヶ島出身。都内の大学に通う3年生。趣味はアニメと散歩。そんな私は「島から来た田舎者」をコンセプトに、平和な日常を送る東京で、異端者な自分が日常に溶け込んだらどんな化学反応が起こるのか楽しみに毎日を過ごしています。 日常で感じたことや皆様に伝えたいことを記事にして行くのでよろしくお願いします。