卒業旅行、夏休み、旅行前に知らなきゃ絶対損!ヨーロッパを最も安く、多くの国を周る方法。

ヨーロッパの交通機関は旅行者に優しい!

長期休みや卒業旅行にヨーロッパ旅行を考えている学生はいませんか?せっかくヨーロッパまで行くのなら、費用が多くなくても、たくさんの国や都市を回ってみたくはないですか?一時期流行った電車でヨーロッパを回る学生旅行はもう古い!新しい手段を使って格安旅行を充実させましょう!

手段1、Flixbusを使う

出典:https://www.flixbus.com/

Flixbus とは?

ヨーロッパ各地で都市間の高速長距離バスサービスを提供する会社です。ドイツ国内にて2013年に開始され、今はヨーロッパ全域に拡大しています。ドイツ、フランス、イタリアなど大きい国の国内都市間移動もなんと5ユーロ(約600円)から、国から国へまたぐ場合も15ユーロ(約1,800円)からなど、とにかく安い!お昼の数時間で着くものから10時間前後かけて到着する夜行バスまであります。

予約の仕方

まず、FlixBusのウェブサイトは多くの他バス会社と比べて珍しく、とにかく見やすいです。旅のキャンセルや変更などは本サイトでしかできないという少し不便な部分もまだありますが、予約や予定の確認だけならばスマートフォンアプリでも対応しています。言語の選択に残念ながら日本語はありませんが、ヨーロッパの様々な言語に対応しており、簡単な英語さえわかれば誰でも使用できます。バスストップがある主要都市の中から、出発地、目的地、を検索し、カードで支払いするだけです。

格安バスなのにここがすごい!

LCC飛行機やその他の高速バスなどすべての格安交通機関では、予約後にキャンセルしてお金が返ってくることはほとんどありません。しかしFlixBusではなんと出発直前まで返済が可能なのです。キャンセルした分のお金は現金としては返ってきませんが、次回使えるお金としてアカウントに残り、1年以内の次の旅行チケット購入の際に使えます。キャンセル料に1ユーロだけ引かれますが、それでもお金が無駄にならないと分かれば、予定がまだ未確定でもとりあえず安いうちに予約してしまうのもありでしょう。また、FlixBusのサイトには24時間対応の電話サポートデスクがあります。英語も選択でき、万が一問題があった際にはすぐに電話をかけて相談することもできます。バス内にはもちろん、フリーWi-fi、充電用のコンセントもあります。

手段2、BlaBlaCarを使う

出典:https://www.blablacar.co.uk/

Bla Bla Car とは?

BlaBlaCarは、都市間の旅を一緒に旅するドライバーと乗客をつなげる長距離乗り継ぎコミュニティです。2006年に設立され、ヨーロッパのみならずブラジルやトルコ、インドなど含め世界22カ国に拡大しています。BlaBlaとは英語でいう、などなど、なんとかかんとか、という意味で、お喋りをイメージし、楽しい旅をシェアしようというコンセプトのようです。個人の車運転手が、行き先が同じ人を自分の車の空いている席に乗せて連れて行く、いわゆる予約制ヒッチハイクのようなものです。

FlixBusより良い点は?

価格設定は運転手によって違いますが、FlixBusよりも高いことはほとんどないでしょう。またFlixBusとは違い走っている本数に限りがないので、数日後のバスの予約を逃してしまっても少し待てばまた新しくその日に旅をする人が出てくることもあります。ピックアップ地点、行き先も運転手が決めるので、必ずしも大きい都市まで自分で出向かないといけないことはありません。相談次第で近くまで迎えに来てくれることもあります。

予約の仕方

まずPassenger(旅客)として自分のプロフィール作成からスタートします。顔写真を含め、好きな音楽のタイプなど詳しい情報を書いていないと、なかなかドライバーから承諾されません。ドライバーとしても、誰かよくわからない人は自分の車に乗せたくないのです。プロフィール設定後は日付、出発地と目的地をそれぞれ検索し、自分が選んだドライバーに連絡をします。承諾されるかどうかは、ドライバーの返事次第です。

ちょっと不都合な点

FlixBusと同じく、サイトは日本語には対応していません。また、FlixBusのボタン一つで予約できるシステムとは違い、ドライバーと個人でしっかり連絡を取り合わなければいけないため、この際に最低限の英語は必要になってきます。相手も英語のネイティブでない場合がほとんどなので、コミュニケーションが少し難しく感じることもあるかもしれません。また、サイトをイギリス英語の設定にすれば、自動で値段設定もポンドに変えられてしまうので、少しでも安くユーロで支払いをしようと思えば、ドイツ語やフランス語などヨーロッパの言語で頑張るしかないのです。

利用の際に気をつけて欲しいこと

 

FlixBus

国をまたぐまたがないに関係なく、必ずパスポートを用意しましょう。パスポートの確認は国内移動であればされないことが多いですが、求められた時に手元にないとバスに乗せてもらえません。また、FlixBusはスーツケースの重さにも規定があり、これも運転手によってわざわざ重さを測られるかスルーされるかは運次第です。ほとんどの場合はスルーされますが、乗車人数が多い主要都市ではより厳しく確認される可能性が高く、規定を超えた場合には追加料金が課せられます。

BlaBlaCar

あくまでも、車を運転しているのは赤の他人で、一緒に乗車しているのも他人同士です。ヨーロッパは基本的に治安はいいですが、いざとなった時に対応できるほどの英語力が必要でしょう。また、選ぶ時は過去の利用者からの運転手へのレビューを必ずチェックしましょう。数時間から最大でも6時間程度の、近い都市間での利用ならばおすすめですが、それ以上の長距離はバスを逃してどうしても、という場合以外はあまりオススメしません。長距離の夜間を見知らぬ他人と車の中で過ごすのはあまり居心地が良くはないでしょう。

***

日本人の予算を抑えたヨーロッパ旅行であれば、FlixBusが断然一番オススメです。ヨーロッパの電車は非常に高く、予算的にも数カ所しか回ることできません。時間が多少あるのならば、ゆっくりバスに乗って新しい都市巡りをしてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

Haruna

Jobby初代立ち上げメンバー。学生時代の3年間をヨーロッパやアメリカで過ごす。趣味は格闘技、筋トレ、美味しいもの巡り。4人兄弟、飼ってた猫は4匹と犬1匹。主に海外、英会話、旅行、社会に関する情報を発信。